Latest Entries

明日8/17は治療説明会です

ふう。
お盆休み明け初日の診療終了!
このまま、例の如く日赤で当直です!

明日は午前診療→夕方から、治療説明会になります。
治療説明会を平日夕方に開催するようになって2回目ですが、それなりにニーズがあるようで。

では、ご予約の皆様の御参加をお待ち申し上げております。m(_ _)m






★一般不妊治療コーディネート★
・一般不妊治療を目的に当院受診をお考えの方への説明会です。
【予約法】 当院診療時間内にお電話でご予約下さい。
  • 2017年8月17日(木) 19:00~20:30 「クリニック内」






各種勉強会の日程はこちら!
ドクター『I』主催の勉強会です。お気軽にご参加下さい。

スポンサーサイト

夏休みの過ごし方

そんなわけで、8/11から夏休みを頂戴しておりました。

ドクター『I』、お休みを貰うと、どこかに連れ出されるわけです。
嫁さん曰く
「どこかに連れ出さないと、どうせ仕事するでしょ。」
とのこと。
で、もうこれがずっと昔から、毎度一体どこに行くのかわからない「ミステリーツアー」でございまして。
行き先不明の「ミステリートレイン」なんてありますが、まあ、いつもあんな感じなわけです。

今回も那覇空港に降り立つ事は知っていたのですが、その先は不明でございました。
でたどり着いたのはこんなところ。



いわゆる「ビーチ・リゾート」というやつでございます。

で、そんなところまで行って、やることが・・・・・はい。



ジョギングでございます。\(^o^)/
常夏の炎天下で走ると、すぐに心拍数が上がって・・・・(←推奨しているわけではありません。自己責任でお願いします。)

去年もこんな感じ。



リゾート地行っても、結局走り回ってるわけです。
ま、景色が心地いので、個人的には十分楽しんでおりますのでwwww。


よく遊んだ後はその百倍くらいよく働く。
世の中そんなに甘くはありません。
さ、明日からまた気合い入れて行くぞ!

お盆休み明け勉強会日程

当院は8月11日(金・祝)~15日(火)はお盆休みのため「休診」とさせていただきます。
16日(水)からは平常通り診療いたします。


というわけで、数日間お休みを頂戴いたします。m(_ _)m
リフレッシュさせていただいて、お盆明けからは、なお一層アドレナリン全開でキレッキレに診療を行いますので、宜しくお願い致します。





★一般不妊治療コーディネート★
・一般不妊治療を目的に当院受診をお考えの方への説明会です。
【予約法】 当院診療時間内にお電話でご予約下さい。
  • 2017年8月17日(木) 19:00~20:30 「クリニック内」(満)
  • 2017年8月26日(土) 19:00~20:30 武蔵野プレイス3階「スペースC」

★体外受精説明会(ARTコーディネート)★
・体外受精・顕微授精をお考えの方への説明会です。
【予約法】 当院診療時間内にお電話でご予約下さい。
  • 2017年8月20日(日) 10:30~12:00 武蔵野プレイス3階「スペースE」(満)

★公開勉強会:「38歳からの不妊治療~年齢因子の正体を探る」★
・加齢による妊娠率低下の正体を正確に把握し、ご夫婦の治療方針を再検証しましょう。
・当院におかかりでなくとも、お気軽にご参加下さい。
【予約法】 クリニックHP「お問い合わせ」フォームよりご予約下さい。
  • 2017年9月3日(日) 10:30~12:00 「クリニック内」





各種勉強会の日程はこちら!
ドクターI主催の勉強会です。お気軽にご参加下さい。





男性不妊でお悩みでしたらご相談ください
「ピル処方」から「無精子症」まで。「生殖にかかわること」なら何でも診療しています!

救急処置のABC

本日午前診療終了後、スタッフさんたちと、院内にあるAEDの動作点検+使用体験を行っておりました。
ま、使う事態にならないことを祈るばかりですが、備えあれば憂いなし、ということで。

その最中、「救急処置のABC」という話が出ました。

(昔の)医学生/看護学生は(おそらく)必ず教わったであろう「救急処置のABC」
A:Airway(気道確保)
B:Breathing(呼吸補助)
C:Circulation(循環補助)
の頭文字で、この順に蘇生処置を行いましょう、というものです。
(ちなみに現在ではこの順番はC→A→Bになっているそうです。時代は流れるものです。)

そんなドクター『I』、研修医になりたての頃(もう20年近く前ですが・・・)、先輩に面白いことを教えてもらいました。

先輩:「救急処置のABCって知ってる?」
ドクター『I』:「そんなの流石に知ってますよ。Airway-Breathing-Circulationですよね」
先輩:「お前はアホだねぇ。A:another doctor、B:behind the doctor、C:call another doctorが正解だ」


つまり、救急処置が必要になったら、「まずだれか他の医者を呼び、その医者が来たらその医者の背後でさらに他の医者を呼ぶんだ」というわけです。
「何それ?」
と下品なシャレのように感じるわけですが、今になって改めて考えてみると、強ち間違っていない。
というか、正しい。
一人で全て背負い込もうとするのが一番危ない。

A:another doctor
B:behind the doctor
C:call another doctor


一間、小ばかにしているようで、実は最も重要なABCかも知れません。

cryptozoospermia アップデート

ドクター『I』の勉強中のメモ書きです。無視して(笑)。
cryptozoospermiaの情報アップデート。


2017年のUrology
cryptozoospermiaのICSI、射出精子v.s.精巣内精子
受精率: 59.6% v.s. 60.6%
形態良好胚:36.8% v.s. 46.1%
着床率:30.7% v.s. 52.1%
妊娠率:33.3% v.s. 53.6%
出産率:27.1% v.s. 44.6%
で、精巣内精子の勝ち。

2016年のfertil steril
クリプトのICSI、精巣内精子 v.s. 射出精子のメタ・アナリシス
5本の報告、272周期、4596個の卵子。
受精率、妊娠率に有意差無し、但し、精巣内精子使用群に妻年齢・夫年齢が高い傾向あり。
今の所、精巣内精子の使用を推奨する状況にあらず。

2017年のHum Reprod
高度男性因子に対する治療を求める結果、精子DNAダメージのあるなしにかかわらず、ネクロ/クリプト/高度乏精子症などで精巣内精子を使い、良好な結果であるとする、少数患者群を対象とした報告がある。
無精子症ではない患者に対し精巣内精子回収法を行うリスク v.s. 利点はどうだろうか?
現在の所は、まだ実験的と言わざるを得ない。

2017年のfertil steril
クリプト+NOAで「射出精子での新鮮 v.s. 凍結」「精巣内精子での新鮮 v.s. 凍結」
射出精子での新鮮 v.s. 凍結では、運動精子が見つかる率が96% vs. 88%、受精率が64% vs. 56%で新鮮の方が有利。
精巣内精子での新鮮 v.s. 凍結では、運動精子が見つかる率が64% vs. 62%、受精率が52% vs. 49%で有意差無し。
クリプトでは、射出なら新鮮精子の方が良い。精巣内精子ならどちらも変わらず、無理に新鮮TESEにこだわる必要なし、と。

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター