勉強会(治療コーディネート)告知【2016年8月27日】

本日8/27(土)の熱血!体外受精説明会は18:30~20:00、武蔵野プレイス4階「フォーラムB」で予定いたしております。

皆様のお越しをお待ち申し上げております。
スポンサーサイト

勉強会(治療コーディネート)告知【2016年8月23日現在】

さて、そんなわけで、一般不妊検査・治療を目的に当院御受診をお考え下さっている方を対象に、まず話を聞いていただこう、という目的で、★妊活外来説明会(一般不妊治療コーディネート)★という勉強会を立ち上げることにしたわけです。
これには、「インフォームド・コンセント」の意味もあり、ま、「いわもと」をご評価いただく意味もあるわけです。
ご評価いただき、ご納得いただいた上で、初診していただこう、という意図を込めています。
(医者-患者関係の『ミスマッチ』はストレスフルで不幸ですからね。)

で、その会を9/3と9/17に設定したのですが、なんと、あっという間にご予約で満席になってしまったとのこと。
そんなわけで、急遽、日程を調整しました。
  • 9/22(木・祝)13:30~
  • 10/2(日)13:30~
  • 10/15(土)19:00~
です。

ご希望がございましたら、当院受付宛にお電話でご予約の上ご参加下さい。





【以下告知】


★妊活外来説明会(一般不妊治療コーディネート)★
・一般不妊治療を目的に当院受診をお考えの方への説明会です。
  • 9月3日(土) 19:00~21:00 武蔵野プレイス3階「スペースE」
  • 9月17日(土) 19:00~21:00 武蔵野プレイス3階「スペースE」
  • 9月22日(木・祝) 13:30~15:30 武蔵野プレイス3階「スペースE」
  • 10月2日(日) 13:30~15:30 武蔵野プレイス3階「スペースC」
  • 10月15日(土) 19:00~21:00 武蔵野プレイス3階「スペースC」

★体外受精説明会(ARTコーディネート)★
・体外受精・顕微授精をお考えの方への説明会です。
  • 8月27日(土) 18:30~20:00 武蔵野プレイス4階「フォーラムB」
  • 9月11日(日) 10:30~12:00 クリニック内
  • 9月24日(土) 18:30~20:00 武蔵野プレイス3階「スペースC」

勉強会(治療コーディネート)告知【2016年8月22日現在】

さて、そんなわけで、★妊活外来説明会(一般不妊治療コーディネート)★の実施にこぎつけられそうなわけですが、スイマセン。
予定していた9/3と9/17の枠が早速予約で満席になってしまった、とのことです。

それ以外の日程での開催を現在調整いたしております。
明日にははっきりしているように準備しておりますので、今しばらくお待ちください。

今年のインフルエンザワクチンについて

インフルエンザワクチンにはチメロサールと呼ばれる有機水銀の防腐剤が微量ながら含有されていて、産婦人科診療ガイドライン産科編2014には、以下のごとく記載されております。

チメロサールを含んでいる製剤もその濃度は0.004~0.008mg/mlと極少量であり、胎児への影響はないとされている。
懸念されていた自閉症との関連は最近否定された。
したがって、エチル水銀(チメロサール)含有ワクチンを妊婦に投与しても差し支えない。
利用できる状況にあり、かつ妊婦が希望する場合にはチメロサールを含有していない製剤を接種するが、利用できない状況下(チメロサールを含有していない製剤入手まで時間がかかる)であり、かつ周囲でインフルエンザの流行がある場合にはエチル水銀(チメロサール)含有ワクチン接種を躊躇しない。


この辺は去年解説しましたのでご参照ください。

ということで、当院も昨年はご希望の方に「チメロサール・フリー」のワクチン接種を行いました。

ところが今年は、チメロサール・フリー製剤が国内では製造されないそうです。

で、日本産科婦人科学会は早速声明を出しています。
ということで、今年は「チメロサール・有りー」製剤を接種せよ、とのお達しです。

産婦人科以外では、「妊婦」「妊娠の可能性がある」というと、及び腰になられてしまう、という話をよく聞きます。
が、そんなわけで、今年は「アリー製剤」の接種だそうです。

あるレジ打ちの女性の話

職業とは、多かれ少なかれ「職人技」なわけで、当然のことながら日々のトレーニングを要し、スキルアップしてこそ初めて人様のお役に立てるわけです。
しかしながら、この「日々のトレーニング」というのは言ってしまえば「同じ動作の繰り返し」であり、やっている当人にとっては「単調作業」であり、ベルトコンベアー状態なわけです。
飽きもするわけです。
僕らも例外ではないかもしれません。

そうした「仕事」を、ベルトコンベアー状態のまま流れ作業的にこなし続けていくのか?その中に「個性」を見つけて「個別対応」していけるのか?が大きな分かれ目だと思っているわけです。

「うちはAIHは○回までしかやりません!」
となってしまうか
「この患者さんの場合ならもう少し繰り返してみてもいいんじゃないかな?」
「この患者さんにはそもそもAIHは無効だな。」

となれるか。

同じ「レジ」でも、僕もやっぱり、こんな「レジ」に並びたいな、と思うわけです。



僕も(当院も)こんな「レジ」になりたいなぁ。


さ、今日も熱闘の土曜日!
気合い入れて行くぞ!

あいにくの雨天ですが、ご来院の際は足元にお気をつけてお越しください。
プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク