Latest Entries

リアルだwww

リアルだ。
いや、これホント僕にもあったなぁ。
周りみんな知ってるのに
「今度上野原行くの誰っすかね?www」
とか言ってたなぁ。

もう、大学の医局なんて・・・・www。
スポンサーサイト

年齢因子勉強会ご興味があれば是非!

いや、週末ブログの更新が途切れてしまいました(;^ω^)


さて、今週末は25日(土)に★公開勉強会:「38歳からの不妊治療~年齢因子の正体を探る」★を予定しているのですが、若干お席に余裕があります!orz
ご興味ございましたら是非!ご参加下さい。m(_ _)m

★妊活外来説明会(一般不妊治療コーディネート)★に関しましては、今週中に日程調整しますので、宜しくお願い致します。




新企画!★公開勉強会:「38歳からの不妊治療~年齢因子の正体を探る」★
・加齢による妊娠率低下の正体を正確に把握し、ご夫婦の治療方針を再検証しましょう。
・当院におかかりでなくとも、お気軽にご参加下さい。
【予約法】 クリニックHP「お問い合わせ」フォームよりご予約下さい。
  • 2017年2月25日(土) 19:00~20:30 武蔵野プレイス3階「スペースE」

当直というのは・・・

はいっ。
医師免許もらって20数年。
身をもって判っております。
「ツく」フェーズに入ると「ツく」んです。
なぜが「ツきまくるんです」

昨日も
「気分よく日赤の当直に行ってきます。今週こそ、落ち着いているといいなぁ。」
と書き残して当直に向かいましたが、はいっ。
ばっちり2週連続で朝焼けの中、緊急手術でございます。
ま、こんな生活、もう慣れっこですからwww。
まだ楽勝ですwww。

・・・はやく「寝当直」フェーズに入ってくれないかな・・・・。

今日は

本日ARTの妊娠判定だった方が、全員陽性でした。\(^o^)/
皆さん、おめでとうございましたm(_ _)m

気分よく日赤の当直に行ってきます。
今週こそ、落ち着いているといいなぁ。

ビタミンDと生殖の関係(2)

で、昨日ご紹介したと同時にも似た内容のようですので読んで行こうかと思います。


先ずは、PCOについて。

【ビタミンDとPCO】

まずはの方から。

  • PCO患者では、ビタミンDの変化が、AMH産生パターンに変化を及ぼし、FSH感受性を変化させ、これが卵胞発育に変化を及ぼしている可能性がある。
  • 肥満があると、(ビタミンDは脂溶性ビタミンなので)ビタミンDは脂肪に蓄積してしまい、さらには日光を避けることで、PCO患者にはビタミンD欠乏が65-87%の割合でみられる。
  • ビタミンD欠乏のPCO患者にビタミンDを補充すると、
    • 血中sRAGE濃度が上昇する。sRAGEは終末糖化産物(というPCOの原因物質と考えられている物質、一般的には老化タンパクとして有名)を解毒する働きがある。
    • AMHを低下させる働きがある。AMH低下により卵胞のFSH感受性が改善する可能性がある。
  • 血中ビタミンD濃度はクロミフェンによる排卵誘発の成功に関連していると言われている。
  • 91人のPCO患者の報告によると、クロミフェン50mgによる排卵率は57.1%、妊娠率は26.9%で、血中ビタミンD濃度と明らかな正の相関が認められた。

おお、なかなか好感触でないかい?
ま、日本では欧米ほど、いわゆる「obese-PCO」が少ないので、このまま当てはめるのはどうか?と思うけど。

【続く】

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター