Entries

「君の名は。」見てみた

表題の如く、「大ヒット」でニュースにもなっていた「君の名は。」を初めて見てみました。詳細なバックグラウンドはまだ調べていないんですけど、これは東北の震災の影響を受けて作られたのですかね?恋愛もの?のようでそうでもないような。主張したいことは???糸守、組紐・・・絆?縁?今のところよくわからん。トトロやナウシカや、それこそエヴァを見た時には、何となく「ああ、こういうことが言いたいのだな」「あるある」...

桜咲く

先ほど、日赤当直明けの帰りに、日赤の駐車場の桜の木を見て回ってきました。これはもう咲いたと判断していいんでないかい?ああ、またこの季節が来ましたねぇ。因みに2年前の日赤の駐車場の桜を撮った写真がこちら2015年4月2日と記録あり。今年もそのころいい感じになりそうですね。...

もうね。絶対に行ってやろうかと。

医者の世界にも「アルバイト」というのが存在するわけです。ま、僕もやったこともあるわけですが、その名残で今でも「求人」が時々来るわけです。本日メールで届いたのがこちら。こんにちは。株式会社〇〇の〇本です。新着求人の中から厳選した求人を紹介致します。〇〇クリニック【募集科目】科目不問【職務内容】AGAクリニックでの外来業務・外来数:10~20名程度/日 (予約制)・診察体制:1診体制・対応内容:診察、プロペシア...

やっと終わった(ふぅ)

昨日、厚生局で「新規個別指導」というのを受けてきました。保険医療機関を開設すると必ず行われる指導で、通常開院後半年~一年後に行われるらしいのですが、なぜか当院は開院2年目を過ぎて通知が来ました。他に「やりたい」と思っていた仕事が、この準備で全て一時中断!結構大変。疲れた・・・・。詳細は省きますが、感想は、「やっぱり御上が最強!」なわけです。僕が医者でいい、ということも(厚労省)クリニックを開設して...

「薄い子宮内膜」に脱力感を感じている最中に

先日も掻爬術後「子宮内膜が薄い」・・・多すぎだorzを書いたばかりですが、直近、過去に「子宮内容除去術」や「子宮内膜掻爬術」を受けられた方が、その後「薄い子宮内膜」になり、「不妊」になり・・・・のパターンの方を拝見するのが続きました。目の前の女性がhappyになってもらうことを願う産婦人科医としては、さすがにちょっとショッキングで、もう予防していくしかないわけです。流産はある程度やむを得ないにしても、やっ...

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター