Entries

酸化ストレスと抗酸化物質(7)

【汝、そのサプリ、無条件に飲むべからず】「貧血っぽいんですけど」「はいそうですか。鉄剤出しておきます。飲んでおいてください。」というシーンが仮にあったとしたらどうでしょうか?採血してみました。Hb(ヘモグロビン)の値だけ見て、「ヘモグロビン確かに低いですね。貧血あります。鉄剤飲んでおいてください。」貧血にも種類があり、その貧血が本当に鉄欠乏によるものなのかを確認しないで鉄剤処方、これも普通は行われない...

酸化ストレスと抗酸化物質(6)

【男性不妊に対する抗酸化療法】ROSは、生理的範囲内において、生殖機能上重要な役割を担っています、が、「ROSが過剰発生する」か「抗酸化物質(antioxidants)が低下」し、ROSとantioxidantsのバランスが崩れる(この病的状態のことを「酸化ストレス(oxidative stress)」と言います)と、DNA損傷・精子膜の変化・蛋白変性などが起こり男性不妊に関与しているのではないか?と考えられているわけです(しつこいですが、ROSは生...

酸化ストレスと抗酸化物質(5)

【ネットワーク系抗酸化物質】抗酸化物質(antioxidants)は、ROSにより己が酸化されることによって、抗酸化作用を有するわけですが、己が酸化されたらおしまいか?というと、そうではないんですね。例えば、ビタミンEが酸化されたとすると、コエンザイムQ10は酸化されたビタミンEを元に戻すことが出来るのです。同様に、ビタミンEとビタミンCはお互いを再生し合うことが出来るそうです。ビタミンCとグルタチオンも同様にお互いを...

酸化ストレスと抗酸化物質(4)

そんな感じですっかり「悪者」のイメージが出来上がったROSですが、実は、生体内では必要不可欠であることも事実です。ここでは、精子に関してのROSの活躍っぷりをみて行きましょう。【ROSと精子】去年、京都大学から「精子幹細胞の増殖に、ある一定量のROSが必要である」という報告がなされました。リンクはこちら活性酸素の精子幹細胞に対する増殖促進作用を解明色々なマスコミにも取り上げられたので、目にされた方もいらっしゃ...

酸化ストレスと抗酸化物質(3)

そんなわけで、細胞内小器官の「ミトコンドリア」で、酸素を使ってATPを作るときにROSが出てくるのでした。では、ROSは実際何をどのように壊すのでしょうか?【ミトコンドリアとROS】ミトコンドリアが出したROSが壊す部分で最も多いのが「ミトコンドリア自身」です。ミトコンドリアが出したROSが、ミトコンドリア自身を障害し、障害されたミトコンドリアはますますROSを産生するようになり、ますます産生されたROSはますますミトコ...

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター