Entries

子宮腺筋症合併不妊(5)

最初に御紹介した子宮腺筋症合併不妊症に対する治療成績および妊娠予後の続きを読んでみたいと思います。「2.子宮腺筋症合併不妊症の治療成績」というところです。子宮腺筋症合併不妊の方の成績は先行治療なし:妊娠率 41.3%、流産率 30.3%薬物療法を先行:妊娠率 43.5%、流産率 31.7%手術療法を先行:妊娠率 41.6%、流産率 21.6%と記載されています。子宮腺筋症のうち、「腫瘤形成型」に限ると先行治療なし:妊娠率 43.0%...

子宮腺筋症合併不妊(4)

そんなわけで、「子宮腺筋症が着床障害の原因となるのか?ならないのか?」については、非常に微妙なところですが、今のところ、一応「原因となりそうな感がある」という風向きと考えてよさそうな感じだ、というわけです。では、腺筋症の方が体外受精をする際、前もって何らかの対処(手術/ホルモン療法)をした方がいいのか?それともなんら処置はせずそのまま突っ込んでいっていいのか?という疑問が湧くわけです。これがまた非...

子宮腺筋症合併不妊(3)

子宮腺筋症が不妊原因になりうるとすると、「子宮因子」が考え得るわけです。つまり、メカニズムとしては、精子の輸送障害着床障害または流産惹起ですね。このうち、精子の輸送障害が不妊原因になりうると仮定するなら、原理的に「体外受精」によって解決しうることになりそうです。よって、主なる問題点は「子宮腺筋症の存在が着床障害となりうるか?/流産率を上昇させるか?」ということになりそうです。では、腺筋症は着床障害...

子宮腺筋症合併不妊(2)

まずご紹介しておきたいのは、本年(2014年)の「日本エンドメトリオーシス学会誌」に載っております、こちら。子宮腺筋症合併不妊症に対する治療成績および妊娠予後(PDFです)です。日本産科婦人科学会生殖・内分泌委員会が「子宮腺筋症合併不妊の不妊治療」について、日本全国の医療機関にアンケート調査をした結果が記載されています。「結果」の「1.子宮腺筋症合併不妊症の管理方針」というところを見てみましょう。子宮腺筋...

子宮腺筋症合併不妊(1)

子宮腺筋症という病態があります。病態的には、「病理学的に異所性子宮内膜組織(腺+間質)が子宮筋層内の平滑筋組織内に認められる状態」ということになります。これを、誤解を恐れず平たい言葉で表現すると、「子宮内膜組織は、本来は子宮内膜にしか存在しないはずなのに、なんでか理由はよくわからないけど、子宮の筋肉内に子宮内膜組織ができちゃったもの」という感じです。症状は、ほとんど何もないレベルの方~ひどい痛み(...

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター