Entries

You!やっちゃいなよ!

体外受精に踏み切るに当たりその障壁を極力低くしたい、とずっと思い描いていたドクター『I』ですが、それを実現するがごとく「ミニマル-体外受精」というプログラムをスタートしました。Easy to approach!(3)で、3か月。既に複数の方がこのプログラムで採卵に臨まれています。ドクター『I』としても「You!やっちゃいなよ!」のノリで(www)必要な方にご提案できるようになり、また成績もマズマズで、先ほどツイッターでご報告...

東邦大学:永尾教授がクリニックにいらっしゃってくださいました!(;・∀・)

follow me!【バックグラウンド】ドクター『I』は、「木場公園クリニック」で不妊治療のトレーニングをさせていただきました。師匠の吉田院長の理念が「不妊治療はカップルで行うものである」「従来の不妊治療は女性が産婦人科、男性が泌尿器科と、治療する科や医師が分かれている、それではいけない」「一人の医師が女性・男性不妊症の両方を診察・治療できるべきである」というものだったので、必然的にドクター『I』も「男性不...

ドクター『I』、薬剤師さんの雑誌で解説ページを書くってよ

すっかりツイッターを気に入り、ブログの更新を怠っていました。follow me!さ、そんな、日常忙しくさせていただけているドクター『I』ですが、新たに面白そうな依頼が舞い込んできました。どうやら、ドクター『I』、薬剤師さん向けの雑誌に婦人科で使うホルモン剤の解説ページを書くらしいです。広告じみた商売根性丸出しの明らかに胡散臭いものは全てお断りのドクター『I』ですが、今回はどうやらちゃんとした真面目に学術的な内...

Easy to approach!(3)

さて、そんなわけで、不妊治療はお若いうちに、適切な治療を受けていただくのがポイントででございます。日常診療はもちろん大事なわけですが、「Easy to approach」=「敷居を低く、もっと気軽に、取っ付きやすく」、そして「若いうちに適切な生殖医療を」という啓蒙活動もとにかく大事。そうした視点から「何かできないか?」と日々模索しております。【Easy to approach (1)】:「東京都の不妊治療助成金」について解説してみま...

Easy to approach!(2)

さて、そんなわけで、不妊治療はお若いうちに、適切な治療を受けていただくのがポイントででございます。日常診療はもちろん大事なわけですが、「Easy to approach」=「敷居を低く、もっと気軽に、取っ付きやすく」、そして「若いうちに適切な生殖医療を」という啓蒙活動もとにかく大事。そうした視点から「何かできないか?」と日々模索しております。前回は、【Easy to approach (1)】として、「東京都の不妊治療助成金」につい...

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター