Entries

抗精子抗体(精子不動化抗体)のページに向けての習作(3)

「精子」は、女性にとってはバリバリの「異物」であるわけです。精子に暴露して、抗精子抗体が形成されるほうが自然な反応のように感じます。でも、確かに性交渉によって精子に暴露しても、抗精子抗体を形成しない人もいる。この、抗精子抗体を形成する/しないの差はいったい何なんでしょうか?この答えは実はいまだによくわかっていません。HLA-DR and HLA-DQ gene typing of infertile women possessing sperm-immobilizing anti...

抗精子抗体(精子不動化抗体)のページに向けての習作(2)

抗精子抗体(のうちの精子不動化抗体)は、・「精子の動きを止めてしまう」ことにより不妊となる。・PCT(フーナーテスト)不良となるという印象が強いわけですが、では、精子不動化抗体が陽性だった場合、そのPCTの所見はどのようになっているのでしょうか?柴原先生が2007年にご発表なさった論文にこの点に関するデーターがあります。Relationship between level of serum sperm immobilizing antibody and its inhibitory effec...

抗精子抗体(精子不動化抗体)のページに向けての習作(1)

ということで、ふと気が付けば、HP「妊活外来へようこそ」に抗精子抗体(精子不動化抗体)のページが無いことに気が付きました。そんなわけで、抗精子抗体のページを作ろうと思いますが、当然その根拠となる論文を読む必要がありますので、「習作」と名付けて、論文を何本か読んで行こうかと思います。で、今回は、「生殖医療の必修知識」に記載されていた、抗体価(SI50)により高抗体価/中抗体価/低抗体価と分類をし、その治療方...

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター