Entries

月経不順の不妊患者に対してどの程度の検査を行うべきなのか?(2)

タイムリーにも、昨日、まさに「月経不順の排卵誘発しただけ妊娠」の方がいらっしゃいました。(ちょっとだけ卵管因子のスクリーニングをさせていただいちゃいましたが(汗))おめでとうございます!続き。【Results】今回の検討に適合したのは、9つの研究である。〔クロミフェンによる排卵誘発を第一選択として開始する前〕<精液検査>精液検査を行っている検討の結果では、753人中3人が無精子症であった(0.3%)。精液検査異常...

月経不順の不妊患者に対してどの程度の検査を行うべきなのか?(1)

「私たち不妊です」とおっしゃって、僕の前にいらっしゃって下さる方々、もちろん全員その「妊娠しない理由」はさまざまなわけです。そうした中に、明らかに「月経不順」の方がいらっしゃるわけです。PCOとか、視床下部性とか。で、この場合、こう思うわけです。まず間違いなく、この『卵胞の育たなさ』が妊娠しない理由なのだろう。逆に言えば、ちゃんと排卵誘発して、排卵さえ整えてあげられれば、街中を歩く月経周期順調な女性...

運動性無月経

昨日、三鷹市内で講演会があり参加してきました。演者は、四季レディースクリニックの江夏先生という方で、スポーツドクターの産婦人科医?産婦人科のスポーツドクター?というユニークな経歴の先生で、オリンピック選手のようなバリバリの女性アスリートの婦人科疾患を専門になさっておられるそうです。「マラソン選手のようなバリバリの女性アスリートは生理が止まる」と言うのを聞いたことがあると思います。運動性無月経という...

無月経、やります!(11)

さて続きです。今日は『痩せ』と月経不順の話。脂肪細胞は確かに「脂肪の貯蔵庫」としての役割があるのですが、様々な生理活性物質を分泌する「内分泌器官」であることがわかってきています。脂肪組織が分泌する生理活性物質は総称して「アディポサイトカイン」と呼ばれ、レプチン、TNF-α、PAI-1、アディポネクチン(アディポネクチンは脂肪↑すると分泌↓する)などがあります。そのうち今回の話に直結するのは「レプチン」です。ヒ...

無月経、やります!(10)

本当に難しい話ばかりで御免なさい。でもここまで食いついてきていただいていると、以下のことがご理解いただけていると思います。女性にはそもそも、月経が順調になる為のシステムが備わっているはずである。本来月経が順調になるためのシステムが『何か』を察知して、反応性に月経を不順にしたり無月経にしたりしている。で、それは、何らかの『生体防御システム』が正常に働いた結果である。というわけです。つまり、月経不順と...

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター