Entries

ダイエット記録 3ヵ月経過

【今までのあらすじ】2013年6月1日、久々に体重計に乗ったところ、76.8kgという数字を叩き出し、あまりの自己管理のできてなさに愕然とし、6月2日より緊急ダイエットを始めております。 2013年6月1日 2013年8月31日ということで、3カ月が経ちました。今日計測したところ、68.0kgでした。BMI=23.53-8.8kg/3ヵ月→11.5%の減少となりました。目標(BMI=22)まで、あと、-4.5kg!あとちょっと!あとちょっと!頑張れ!僕!...

無月経、やります!(6)

さて、大分佳境に入ってきました。ここから先はしょっちゅう見られる状態ですね。無月経の原因:④正常、または低FSHFSHが正常または低下していて慢性的な無排卵になる場合は、原因不明のことも多い。この場合「視床下部性無月経」か「PCO」という診断に至ることが多い。これらは共に(視床下部からの)Gn-RHパルスの異常で、周期的でなくなると「視床下部性」、周期が早くなったり増えると「PCO」という状態になる。「視床下部性無...

焼いも焼酎「鬼火」

今日は、いつもの緊迫した(??)内容から少しそれた話です。僕は、舐める程度なのですが(??)、愛飲家であります。基本的に「香りの付いた蒸留酒」が好きで、ウイスキー、焼酎、ジン等が守備範囲です。焼酎は「芋」の大ファンで、あの何とも言えない個性的な「香り」がタマリマセン。そんな中でも最近気に入っているのがコレ。「炭火焼イモ焼酎:鬼火」です。行きつけの立ち飲み屋(←ちょっと寂しい響きですが(^^;現実なので...

無月経、やります!(5)

続きで、今日の内容は「高プロラクチン血症」でもあります。高プロラクチン血症性無月経でも、主に下垂体腺腫の話です。無月経の原因:③プロラクチン上昇高プロラクチン血症は、エストロゲン低下と無月経または月経不順(稀発月経)と関連がある。血中プロラクチン濃度は、稀発月経に比べ、無月経で高い。持続的な高プロラクチン血症では、まず甲状腺機能低下症を考え、その後下垂体のMRIを行う。軽度にプロラクチンが上昇している...

無月経、やります!(4)

今日の内容はPOI(POF)についてです。(最近ではPOF(premature ovarian failure)という表現は止めて、POI(primary ovarian insufficiency)と呼ぶようにしましょう、という流れですが、この論文ではPOFという言葉が使われているので、今回はそのままPOFという言葉を用います。)無月経の原因:②FSH上昇性腺機能が欠落すると、高FSH状態になる。性腺機能低下は胎生期以降いつでも発生する可能性がある。XX個体に性腺機能低下が...

プロラクチン道、始めます!(10)

さて、今日は"高プロラクチン血症治療薬(???)"について少し勉強したいと思います。↑後で詳しく解説しますが、実は「高プロラクチン血症治療薬」というものは多分ありません。赤で太字で?をいっぱいつけたのには理由があります!まずは、昨日紹介した、アメリカ生殖医学会のHPから確認していきましょう。リンクはHyperprolactinemia (Prolactin Excess)です。今日読む部分は、5段落目の「How is Hyperprolactinemia Treated?...

プロラクチン道、始めます!(9)

さて、今日は、「何がプロラクチンを分泌させるのか?」を確認しておきましょう。・・・といっても、大したことをするわけではなく、「アメリカ生殖医学会」のホームページの内容を確認するだけです。リンクはこちら。Hyperprolactinemia (Prolactin Excess)の3段落目の箇条書きになっている部分です。何が高プロラクチン血症を引き起こすのか?プロラクチンは、下記のような理由で上昇します。ある種の薬物(抗鬱剤、向精神薬、血...

無月経、やります!(3)

続きです。今回の内容もあまり関連性がないかもしれませんね。無月経の原因:①解剖学的欠損子宮/腟の一部/全部欠損が認められたら、ミューラー管形成不全の状態で、原発性無月経の約10%を占める。ミューラー管形成不全は、片腎、遊走腎、馬蹄腎、重複尿管などの泌尿生殖器形成異常とも関係することがある。ミューラー管無形成の場合は、アンドロゲン不応症の鑑別を行う。この状態は6万分の1と稀だが、原発性無月経では5%程度を占め...

過ぎたるは・・・

皆さん無駄に大好き(!!)サプリメント、旧ブログ版で少し触れました。また、その内容を本編にも少しだけアップしましたが、僕の現在の考えは基本的に「栄養素」はバランスの良い食事から得るべき。その上で、一応考えてもよいのは葉酸。その他のサプリメントでは、「エビデンス」と言い切れるレベルのものがあるかというと、今のところ多分ない(と思う。あったら教えて)。サプリメントを飲む/飲まないの選択は「インフォームドチ...

無月経、やります!(2)

続き患者の評価既往歴、理学所見、内分泌学的検索(FSH、TSH、プロラクチン)が重要。乳房発達を認めれば、エストロゲン活性を示唆する。多毛、また稀には筋肉量の増加やほかの男化兆候により、テストステロンの過剰分泌を疑う。内性器、外性器の理学所見も重要。原発性無月経の15%に生殖器の理学所見に異常が認められる。腟の欠損/閉鎖はミューラー管発育不全、腟横隔(膜)、アンドロゲン不応症を示唆する。生殖器の検索が行えな...

無月経、やります!(1)

今度のネタは、「無月経」で行ってみたいと思います。読んでいく内容はこちら。Current evaluation of amenorrhea.「最新の無月経の評価法」といった感じでしょうか?アメリカ生殖医学会の2008年のものですね。これを少しづつ読んでいこうかと思います。今日は、そのイントロ部分です。いつものごとく、要点を箇条書きにしていきます。「無月経」とは、月経の欠如、または病的停止で、初経が見られないものを原発性無月経、初経後...

武士は食わねど

さて、今日は、皆さんに反感を買ってしまうかもしれないことを書いてみたいと思います。よく目にする意見で、「体外受精を保険適応にせよ」という意見がありますが、どうですか?確かに体外受精、高額ですよね。尋常じゃない金額です。で、もし仮に体外受精に保険が適応されると、3割負担になって、費用的にはぐっと楽になりますよね。お受けになられる方も増えることになるでしょう。確かにお受けになったみなさんは3割の負担で済...

残念ながら

医薬品医療機器総合機構(PMDA)より注意喚起がありました。ここに記すべきことかどうか悩みましたが、僕も他人事ではないのも事実なので、自分に言い聞かせる意味も込めて記載しておくことにしました。低用量ピル「ヤーズ」で、残念ながら国内初の血栓症による死亡例が報告されたそうです。リンクはこちら(PDFファイルです)ヤーズ配合錠をより安全にお使いいただくためにまずもって、不幸にもお亡くなりになられた患者様のご冥福...

プロラクチン道、始めます!(8)

今日は、2000年と少し古めなのですが、プロラクチン関連の論文です。論文自体はこちらTreatment versus no treatment of transient hyperprolactinemia in patients undergoing intracytoplasmic sperm injection programs.です。内容は?というと、「transient hyperprolactinemia(一過性高プロラクチン血症)」という状態を治療してしまう(プロラクチンを下げてしまう)とどうなるか?という話です。ここで出て来た「transient...

AIHを極める(10)

今回の内容は必ずしもAIHに限った内容ではないのですが、検討自体がAIHで行われているので、AIHに分類しておきます。内容的には「着床障害」になりますかね。着床前に子宮内膜に「傷をつける」と着床率が上がるのではないか?ということが盛んに言われております。発想的には単純で「傷が治る」ってことは組織同士が「くっ付く」ってことでしょ?「着床する」ってのも、「胚」と「子宮内膜」(組織同士)が「くっ付く」ってことだ...

山おっさん(2)

お盆ということで、週末のみですが、義実家(山梨県)に行きました。義実家などという場所は、「婿」が長時間いるべき場所でないのは僕も例外ではなく、さっそく単独行で「山おっさん」に変身。昨日(8/10)、本社ヶ丸~清八山~三つ峠~天上山(カチカチ山ロープウェイ)を縦走してまいりました(7.5時間)おかげで、すっかり筋肉痛です(笑)。↓本社ヶ丸山頂(1631m)より。三つ峠越しに富士山を眺める。左側の放送塔が建ってい...

ダイエット記録 day69

【今までのあらすじ】2013年6月1日、久々に体重計に乗ったところ、76.8kgという数字を叩き出し、あまりの自己管理のできてなさに愕然とし、6月2日より緊急ダイエットを始めております。写真のExif情報の扱い方がよくわからず、写真があっち向いたりこっち向いたりしてすいません(^^;最近更新しておりませんでしたが、ダイエットはきちんと続けており、いよいよ70kgを切るようになりました。写真は昨日(8/8)のものです。BMI=24.01...

ED、やります!

去る7/9に「シアリス」を売っている会社主催で、EDに関するWebカンファレンスがありました。その時は生憎所用で見ることができなかったのですが、MRさんに頼んで、昨日、その録画を見せてもらいましたのでそのサマリーです。そもそも「ED」とは、皆さんどうお考えでしょうか?僕は、「ED」は「疾患」ではなく、「一症状」と考えるべきだと思っています。「咳が出ます」「熱があります」「おなかが痛いです」「EDです」といった感じ...

次はPCOです!(6)

続き【挙児希望がある場合の治療】:(6)体外受精今まで述べた方法で排卵誘発が不成功だったり、妊娠に至らなかったら体外受精の適応となる。PCOの排卵誘発は、副作用回避のため、pure FSHでの低用量漸増法が用いられる。OHSSのリスクが高い。OHSSのリスクが高い場合、全胚凍結し、別の周期にETすることが推奨される。完全にOHSSのリスクを回避する、という意味ではIVMも選択肢になる。これで、挙児希望がある場合の説明おしまいだ...

次はPCOです!(5)

続き【挙児希望がある場合の治療】:(5)LOD(管理人注:LOD=Laparoscopic Ovarian Drillingで、腹腔鏡で卵巣に「穴」をあける、という手術療法です。)現在、LODは、クロミフェン抵抗性PCOに対する、ゴナドトロピン療法と対をなす治療の選択肢という位置づけである。LODは、多胎妊娠のリスクがより少ない点で、適応を十分に考慮すれば、有効な手段である。LOD後妊娠は、術後半年以内に60%程度の高妊娠成功率が見込まれ、妊娠率の...

次はPCOです!(4)

続き【挙児希望がある場合の治療】:(4)ゴナドトロピン療法による排卵誘発今まで述べてきた治療に抵抗性の場合、ゴナドトロピン療法がおこなわれる。ゴナドトロピン療法時は、FSHのみ含有している製剤での低用量漸増法が推奨される。OHSSと多胎妊娠に注意を払う。16mm以上の卵胞が4個以上見られたらhCGをキャンセルすべきである。ということで、クロミフェン抵抗性(クロミフェン+メトホルミン抵抗性)だと、次に考えるのがゴナド...

人生という名の列車

昔、大好きだった音楽を聞き返すと、「ああ、僕もすっかりオッサンになったなぁ」としみじみ感じる。例えば、中学~高校位には大瀧詠一さんの「long vacation」などは、それこそ「擦り切れる」ぐらい聞いたわけですが、今になって改めて聞いてみると、何か「違和感」がある。ま、そりゃそうか。「臨場感」が違うからね。あとは、「好きだった人が好きだった曲を自分も好きになる」なんてのも、皆さんある(あった)でしょ?(笑)...

次はPCOです!(3)

続き【挙児希望がある場合の治療】:(3)インスリン抵抗性PCOへのメトホルミン+クロミフェン療法メトホルミンのようなインスリン抵抗性改善剤が、PCOでの代謝異常を改善するという報告が数多くある。メトホルミンは、すい臓β細胞に作用することなく、肝臓での糖新生を抑制したり、インスリン感受性を改善することにより血糖を低下させる薬剤である。メトホルミンはLHとインスリンを低下させ、卵巣アンドロゲン濃度を低下させる。高...

次はPCOです!(2)

続き【挙児希望がある場合の治療】:(2)クロミフェン療法クロミフェン療法はPCOに対する標準療法である。PCOの70-85%で卵胞発育が見られ、40-50%が妊娠する。non-obese PCOと、ライフスタイルの変更を行っても排卵しないobese PCOが適応となる。男化兆候が強い場合と肥満が強い場合、効果が出にくい。CC150mgで5日間、3か月誘発しても卵胞発育を認めない場合、「クロミフェン抵抗性」と呼ぶ。クロミフェン抵抗性の場合、高アンドロ...

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター