Entries

先週土曜日からお問い合わせをいただいている方へ

クリニックHPの「お問い合わせ」からセカンドオピニオン目的にお問い合わせいただいております方(hotmailのアドレスの方)、ご指定頂いたアドレスにメールの返信ができません(理由ははっきりしませんが、MAILER-DAEMONになってしまいます)。もしこちらご覧になられていたら、別のアドレス(ないしは連絡先)をご指定頂き、再度「お問い合わせ」よりご連絡下さい。よろしくお願いいたします。...

クアトロテスト(2)

(以降本項目は、出生前診断の是非を議論する目的ではなく、あくまで学術的側面をご紹介することを意図としております点をご理解下さい。出生前診断の現在の見解はこちら(日本産科婦人科学会のHP)が詳しいです。)ということで、出生前診断の現状はどんなものか?を大雑把にご紹介してみたいと思います。<確定的検査>上記産婦人科学会のHPでは4)で記載されています。まず意外に知られていない注目点は、「表1 侵襲的な検査や...

クアトロテスト(1)

妊娠が成立するということは、その夫婦に対して非常に大きなパラダイムシフトとなるわけです。それまでは、ある意味「自分のこと」(あるいは「パートナーのこと」)に注意を払い生活をしているわけです。ま、ある意味「自己責任」という言葉でくくってしまってもいいのかもしれません。ところが妊娠が成立すると、途端に未だ目にせぬ「自分以外の存在」を意識し、その存在に対し愛情を注ぎ、心配し、注意を払わなければならないと...

ご案内~インフルエンザワクチンについて

【チメロサールフリー(防腐剤無添加)インフルエンザワクチンについて】10/19(月)より、チメロサールフリーインフルエンザワクチンのご予約を受付いたします。ご希望の方は、ご受診の上、岩本まで直接お申し出下さい。(お電話でのワクチン予約は承っておりません。御受診の上、岩本まで直接おっしゃって下さい。)チメロサールフリーワクチンは流通量が限られております。ワクチン確保には努めてまいりますが、ご予約がワクチ...

開院8か月になります。

現在、週一回、武蔵野日赤で産婦人科当直をしています。そんな最中、産科病棟のナースステーションにいる時などに、僕の風貌が目立つためか(?)、コソコソ(?)仕事をしていても皆さんの目にとまりやすいらしく、患者さんから声をかけられることがしばしばあります。「○○の時に診てもらった△△です!先日、無事生まれました!」といった感じ。で、当院開院して間もなく8か月目を迎えようとしているのですが、いよいよ当院開院当...

インフルエンザワクチンについて(3)

で、チメロサールに関しては、厚生労働省が2009年の「新型インフルエンザ」の時に安全性に関するコメントを出しています。保存剤(チメロサール等)が添加されている 新型インフルエンザワクチンの使用についてで、ご覧のように、このように記載されています。チメロサールはエチル水銀に由来する防腐剤であり、複数回接種用のバイアル等の開封後の細菌汚染防止のために古くから用いられてきた物質である。1990 年代に、自閉症等の...

インフルエンザワクチンについて(2)

ということで、集団接種用のインフルエンザワクチンには「チメロサール」という水銀化合物が極少量含まれています。きっかけは、1928年1月に、オーストラリアでジフテリアの予防接種の注射薬に病原体が混入して、注射を受けた多数のこどもが死亡した事件がきっかけだそうです。で、チメロサールは微量でも強い殺菌作用があるため、ワクチンの防腐剤として添加されるようになり、その後世界各国で使われてきた、という経緯だそうで...

インフルエンザワクチンについて(1)

さて、今年もこの時期がやってまいりました。妊娠予定の方・妊娠中の方のインフルエンザワクチンについて、現在はどのように考えられているのか?を解説しておきます。使用するのは、産婦人科医のバイブル産婦人科診療ガイドライン 産科編2014の、CQ102、この中のページで言うと54ページから、PDFのページで言うと73枚目です。解説の所、読んでみます。最初の段落から。妊婦もインフルエンザに罹患すると重篤な合併症を起こしやす...

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター