Entries

4800年間の母性

水曜の熱血診療の後(お待たせする時間が長くなって申し訳ございません)、そのまま日赤に当直に行き、夜は夜で分娩に立ち会って、「妊娠反応陽性に出た瞬間もいいけど、お産もいいねぇ」と、改めて思うわけです。産婦人科医の醍醐味でございますな。で、日が改まって日赤の婦人科外来を行い、午後は子宮鏡検査1件目→検査の合間(子宮鏡の洗浄滅菌の間)にクリニック戻り、何人かの患者様の診療→日赤戻って子宮鏡2件目で、ようやく...

武蔵野市子宮がん検診が始まります。

さて、今年度も5月2日から武蔵野市子宮がん検診が始まります。昨年度未受診の方には受診票が送付されますので、そちらをご持参の上、ご受診下さい。そして、引き続き武蔵野市民は「妊娠を予定または希望する19歳以上の女性」なら風疹抗体検査も無料でお受けいただけますので、こちらも有効利用しましょう。クリニックでも「プレイス」を使わせて頂きますし。武蔵野市はなかなか太っ腹です。【以下告知】★体外受精説明会(ARTコーデ...

勉強会開催に向けてのプロローグ(3)

さて、いわもと、生殖活動の社会啓蒙が自らの天命と勝手に考えており「武蔵境発!第三次ベビーブーム」の導火線にとなるべく、微力ながらそれなりに活動しておるわけです。近未来立ち上げられたらいいな、と思っていることに「不妊治療勉強会の定期開催」があります。で、先行して体外受精説明会を来月から定期開催するわけですが、この後、一般不妊治療勉強会も立ち上げようと考えておるわけです。体外受精の説明会は多くのクリニ...

肥満と男性不妊(7)

過去に、「肥満と男性不妊」と題し、「メタボの合併症」の初発症状が「男性不妊」である方もいらっしゃるわけで、その段階でその方が意識を変えたら、その方の「生命予後」を変えられる可能性があるのだ、と論じたことがあります。えっと、肥満と男性不妊(1)肥満と男性不妊(2)肥満と男性不妊(3)肥満と男性不妊(4)肥満と男性不妊(5)肥満と男性不妊(6)です。この内容に関連して、見事にその傾向を示したデーターがあったのでお示しし...

笑えばいいと思うよ。

排卵後や胚移植をした後に、「この後した方がいいこと/しない方がいいことはありますか?」とよく聞かれます。恐らくしない方がいいことは、いつもタイミング療法(性愛療法)の話の時にお話ししている通りです。では、した方がいいことは?というと「笑えばいいと思うよ。」(参照:「「何かできることはありますか?」を大真面目に考察してみる」の一番最後の段落)当院、ご主人様お1人でもよくいらっしゃっていただく婦人科ク...

勉強会開催に向けてのプロローグ(2)

さて、いわもと、生殖活動の社会啓蒙が自らの天命と勝手に考えており「武蔵境発!第三次ベビーブーム」の導火線にとなるべく、微力ながらそれなりに活動しておるわけです。そんな中、近未来立ち上げられたらいいな、と思っていることに「不妊治療勉強会の定期開催」があります。最終的には性愛療法(「性愛療法」についてはこちら)年齢因子について体外受精とは何か?等を、フランシスコザビエルの如く布教して回ることを考えてお...

不妊治療費の現実

年齢とともに妊娠率はどんどん低下していくことは良く知られていると思います。その主な理由は、胚の染色体異常率の増加であり、排卵がきちんとあっても、そのほとんどは染色体異常になってしまう運命の卵子が排卵されているわけで、40代になると染色体正常となる卵子が排卵される月の方が圧倒的に少なくなっていると考えられているわけです。そんな中、非常に個性的な視点からこの点を考察した記事を見つけたので、ご紹介してみた...

GAMBAらなくちゃね

「リンドバーグ」というバンドのボーカルの渡瀬マキさんと同じ年で誕生日が11日違い(僕の方が遅い!)ということもあり、その元気な歌声が個人的に大好きだったこともあり、若かりし頃、それこそCDが「擦り切れる」ほど聞いていました。昨日帰宅後ふとテレビをつけると、渡瀬マキさん出演していましたよ。久々に見た。若かりし頃、よく聞いていた曲を思い出した。出ないアドレナリンを絞り出したいときによく聞いたなぁ。いろんな...

祝!妊娠報告~その9:TESE-ICSI妊娠!

そんなわけで、今の所「どんな病態でも」とはいかないのですが、当院、条件が整えば自院のみでTESE(精巣内精子回収法)-ICSIが完結可能です。で、ご紹介するのは、当院TESE-ICSI妊娠の方です!(患者様には本ブログに掲載させていただく事をご快諾いただいております。ありがとうございました!そして、おめでとうございました!)\(^o^)/なんかね。我ながら凄いね。こんな片田舎の小さな小さなクリニックで。開院1年ちょいで。...

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター