Entries

スポンサーサイト

育っておるねぇ  (´ー`*)

本日は、午前中、当院ARTご卒業→無事ご出産の方々が3組、お子様を連れていらっしゃってくださいました。ありがとうございました。僕(ら)が関与させていただいた結果、患者さんたちの間に新たな生命が誕生することが、僕(ら)の唯一の存在意義であり、仮に僕(ら)が死んだ後も、その子たちが次世代を残していってくれれば、間接的で、所詮自己満足なのかも知れませんが、僕(ら)がこの地球に生きた証だと思って(自分に言い聞...

精子の『質』がどうにも悪い場合・・・勇気がいるけど・・・

胚質が悪く、どうにもARTが反復不成功になる方がいらっしゃいます。その際、どう考えてもご主人様側の精子が厳しい場合があります。精子はある程度出ている。射出精子でICSI可能な位の数はいる。でもその後の胚の質がどうにもこうにも。「これ、絶対精子側だよなぁ。」その際、究極の選択肢として精巣内精子の使用が頭をよぎるわけです。でもこのパターン、本当にTESEをするには結構勇気がいる。射出精液に精子が出てきているのに...

なぜ4CC胚盤胞が赤ちゃんになるのか?をドクター『I』流に考察してみる(3)

【続き】ということで、この論文では14個中(最低)10個(71.4%)の胚がモザイクだったわけですが、どうやら実際にそうなっているようで、一般的に大体70%前後の胚がモザイクだと考えられているようです(Hum ReprodUpdate 2011;17:620 –627)。ところで、この論文の言いたいことはさらに続きます。でも、今回分析した胚と、実際に患者さんに胚移植して分娩に至った胚は同じ時期に採ったものだし、グレードも戻した胚と残した胚に...

なぜ4CC胚盤胞が赤ちゃんになるのか?をドクター『I』流に考察してみる(2)

では進めていきましょう!この論文はインパクトが強すぎて、忘れた頃にこの図を見ると「・・・一体僕は何をやっているのだろう・・・・orz」と「うつ」になってしまうのであまり見たくない論文なのですが、敢えて。さ、ここに非常にきれいな8細胞の分割期の胚があります。見ていて「うっとり」しちゃうほど、奇麗で愛くるしい胚でございます。例えばこれを胚移植して「妊娠反応が陽性に出た!」「妊娠反応陰性だった・・・・」とや...

なぜ4CC胚盤胞が赤ちゃんになるのか?をドクター『I』流に考察してみる(1)

体外受精で妊娠を目指している際、(当然ながら)胚移植を行います。この際、「どの胚を戻すのか?」を選ぶわけですが、まあ普通は「グレード」と呼ばれる「見てくれ」を参考に決定するわけです。初期胚はveeck分類と呼ばれ、「割球の大きさが均等で、フラグメントが少ないもの」が形態良好胚。胚盤胞はGardner分類と呼ばれ、「胚盤胞腔の拡張具合、内細胞塊の大きさ、栄養外胚葉のフリフリ具合」で評価して、5AAとか4BCとかやるわ...

Assisted Hatchingに対する考察(10)

【バックグラウンド】「アシスティッド・ハッチング」と呼ばれる手法があります。胚移植する前に、透明帯(と呼ばれる胚を守っている殻)を薄くしたり穴をあけたりする手法です。一見、「殻破るの助けてる」感があるのですが、これが「着床率」は上げるけど、「生産率」を上げるというデーターが出てこない。ということは、つまり「わざわざ流産を増やしている」可能性があり、ドクター『I』はここ数年使ってない手法であります。...

「ED薬」が「赤ちゃんを大きく育てる」だって!(4)

【まとめ】「ED薬」が「赤ちゃんを大きく育てる」だって!(1)「ED薬」が「赤ちゃんを大きく育てる」だって!(2)「ED薬」が「赤ちゃんを大きく育てる」だって!(3)さて、そんなわけで、ED治療薬の成分(タダラフィル)が名前を変えて他の病態の治療にも使われていることを紹介してきました。ED治療薬はPDE-5阻害剤と言われるのですが、まあ、簡単に言うと「血管を拡げる」働きがあるわけです。この働きを各方面に上手に利用すると、...

お祭り@杵築大社

さて、そんなわけで、「武蔵境の明治神宮」とドクター『I』が勝手に呼んでいる杵築大社でございます。因みに、当院では「胚移植した後の杵築詣」を推奨しておるわけです。移植の後に杵築大社で願掛けを名物にするってにはどう?そんな杵築大社でお祭りが行われております。この楽し気な雰囲気に、足を運ばずにはいられません。おそらく「腫れた惚れた」やってるっぽい、明らかに異性の子を意識している中学生ぐらいの子たちが、「...

臨時休診申し訳ございませんでした。

本日10/5(木)AM診、臨時休診申し訳ございませんでした。元々ご予約だった方、ご配慮賜りありがとうございました。。また、緊急連絡先での対応も、午後になってしまい、ご迷惑をおかけいたしました。ここ数日対応していた事務仕事の締めくくりに九段下まで出向いておりました。仕事を終え、帰り際に、折角なので靖国神社に参拝してきました。昼過ぎに武蔵境に戻って、駅の1,000円床屋で髪を切って(刈って?)もらっていると、「...

次回「年齢因子勉強会」日程決定!

更新が滞っていてスイマセン。診療に直結する仕事以外にも、次々と来るありとあらゆる仕事(雑務?)の荒波に揉まれまくっているドクター『I』でございます。(嗚呼、しかしこの次々と舞い込んでくる「診療と関係のない仕事」はどうにかならないものでしょうか(泣))そんな「診療に直結しない仕事」をこなしつつ、昨日(土)は診療終了後★一般不妊治療コーディネート★を、一晩明けて、本日(日)も、予約診療後に★公開勉強会:「...

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。