Entries

スポンサーサイト

体外受精と生命倫理~2018年7月25日に想う(4)

【まとめ】体外受精と生命倫理~2018年7月25日に想う(1)体外受精と生命倫理~2018年7月25日に想う(2)体外受精と生命倫理~2018年7月25日に想う(3)【以下本日のお話し】さてこのように1978年、世界で初めての体外受精児、ルイーズ・ブラウンさんがお生まれになったころは、カトリック教会を先頭に痛烈な批判が浴びせられていたわけです。何せ「試験管ベビー」ですから、凄い「マイナス」のイメージを植え付けられていたわけです。し...

体外受精と生命倫理~2018年7月25日に想う(3)

【まとめ】体外受精と生命倫理~2018年7月25日に想う(1)体外受精と生命倫理~2018年7月25日に想う(2)【以下本日のお話し】さて、そんなわけで、現在では「普通の事」として広く行われている体外受精ですが、1978年の世界初の報告は必ずしも「祝福・歓迎」で迎え入れられたわけでは無く、むしろ恐怖と痛烈な批判に晒されていたわけです。これにはどうやら「キリスト教」の価値観が根強くあるようです。ドクター『I』は無宗教(まあ...

You!やっちゃいなよ!

体外受精に踏み切るに当たりその障壁を極力低くしたい、とずっと思い描いていたドクター『I』ですが、それを実現するがごとく「ミニマル-体外受精」というプログラムをスタートしました。Easy to approach!(3)で、3か月。既に複数の方がこのプログラムで採卵に臨まれています。ドクター『I』としても「You!やっちゃいなよ!」のノリで(www)必要な方にご提案できるようになり、また成績もマズマズで、先ほどツイッターでご報告...

体外受精と生命倫理~2018年7月25日に想う(2)

さて、昨日の続き。1978年7月25日、世界初の体外受精児、ルイーズ・ブラウンさんがお生まれになったのですが、どうやらその日は「拍手喝采!大歓迎!」で迎えられたわけでは無いようです。(ドクター『I』は生まれていましたが、子供でしたので詳細は知りません。)ちょっと別サイトを見てみましょう。3年前の記事のようです。World's first 'test-tube baby' reveals her mother received blood-splattered HATE MAIL when she wa...

体外受精と生命倫理~2018年7月25日に想う(1)

「私たち夫婦は体外までは希望しません」「私は体外にトライしたいんですけど、夫が反対しています。」一方で「先月結婚しました。高齢なので早速体外やりたいです。」などなど。体外受精、実に様々な反応があります。日本では、今や生まれてくる赤ちゃんの約20人に一人が「体外受精児」の時代なわけです。ドクター『I』の中学校は40数人が一クラスに詰め込まれていましたから、当時の感覚で言うと「1クラスに2人」ということにな...

なぜ4CC胚盤胞が赤ちゃんになるのか?をドクター『I』流に考察してみる(15):【多分最終回】

【今までの経緯】なぜ4CC胚盤胞が赤ちゃんになるのか?をドクター『I』流に考察してみる(1)なぜ4CC胚盤胞が赤ちゃんになるのか?をドクター『I』流に考察してみる(2)なぜ4CC胚盤胞が赤ちゃんになるのか?をドクター『I』流に考察してみる(3)なぜ4CC胚盤胞が赤ちゃんになるのか?をドクター『I』流に考察してみる(4)なぜ4CC胚盤胞が赤ちゃんになるのか?をドクター『I』流に考察してみる(5)なぜ4CC胚盤胞が赤ちゃんになるのか?をド...

第38回東京生殖医療懇談会にいざ出陣

昨日5/31(木)は、日赤当直明け→クリニック診療後、こんな勉強会に参加してきました。内容は今話題の「慢性子宮内膜炎」について。この分野でトップを走ってらっしゃる滋賀医科大学の木村先生のご講演とのことで、楽しみにしておりました。で、聞いてきました。詳細はまた後日解説しますが、「慢性子宮内膜炎」という病態はあることはあるのだろう。でもまだわからないことだらけ。「抗生剤飲めばいい」とかっていう甘ちゃんなも...

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。