Entries

AIHを極める(9)

折角「アダルトサイト」に手をあげようと思っていたのですが、今回も話があまりエロくない方向に向いてしまいそうです(笑)。
堅苦しい話になってしまいそうですが、お時間あればお付き合いください。


で、AIHを超音波ガイド下に行うことがどうなのか?というのは、過去にHuman Reproductionにも出ておりまして、リンクはこちらになります。結論から言うと、こちらは「効果なし」となっております。
  • 対象は73組の231周期
  • 超音波ガイド下群が33組、106周期で、周期あたりの妊娠率が16.0%
  • ブラインド群が40組125周期で、周期あたりの妊娠率が16.8%
で、両群間に有意差がなかったとのことです。
でも、この先生たちは、「AIHはブラインドで行うべき」と結論つけているわけではないんですね。
全員に必ず「超音波ガイド下で」行う必要はないけど、やはり、子宮収縮を起こさせない、傷をつけないように十分配慮し、チューブの挿入が難しい時には超音波ガイド下に急遽変更すべきだ、という風に書かれております。
さらに、ETではエコーガイド下に行う方が妊娠率が良くって、AIHでは変わらない理由として、着床までの期間をあげております。
要するに、AIHの場合は、着床まで1週間あるので、「傷」つけても治ってしまうのではないか?というわけですね。
なるほどなるほど。
・・・・理論的にはまあ、面白いと思うのですが、この辺の検討でそもそも考えなければいけないのは、実は子宮内膜へ及んだ傷は本当に悪なのか?ということですよね。
「なんとなく悪そうだから・・・。」では、やはり科学としてはイケてないわけで、実は子宮内膜を傷付けることはいいことなのかもしれませんよね?
近日その辺を考察してみたいと思います。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dokumotti.blog.fc2.com/tb.php/12-8fc6b47f

トラックバック

コメント

[C278] お返事ありがとうございます。

どんなに時間を設定しても、所詮人間の身体なので、思ったより早く排卵済みとか、排卵しなかったとかハプニングはあると思いますが、お願いすれば対応していただけるようで安心しました。
さすが、どくさまです。

[C277] Re: 極めたAIHを受けたいです。


> hcg注射をしてから36時間程度で排卵との事ですが、既に自前のLHサージが始まってしまっている状態でhcg注射をした場合は排卵まで36時間説は通用しないのではないかと思うのですがどうなのでしょうか?(自前のLHサージが既に始まってるので、36時間よりももっと前に排卵してしまうのでは?と思ってます。的外れな思い込みでしたらすみません)
> それともサージが始まってようが始まってなかろうがhcg注射を打ってから36時間なのでしょうか?

前者が正解です。

> また、LHサージが始まってない状態でhcg注射をする場合、36時間後に程近い状態を狙いたいなと思ってしまうのですが。
>
> 例えばですが、AIH前々日の23時頃にhcgを打ち、AIHは午前11時開始というのが理想的に思えるのですが、希望をすれば23時頃にするためにhcgまたは点鼻のお薬をいただけるのでしょうか?

(意味があるかどうかは別として)可能です。
但し、保険が効かないケースもあるので、多少経済的負担があることになります。

  • 2016-10-14 08:47
  • ドクターI
  • URL
  • 編集

[C276] 極めたAIHを受けたいです。

先生、いつも明るい診察ありがとうございます。

AIHを極めるシリーズ全て読みました。
ここで質問なのですが、
hcg注射をしてから36時間程度で排卵との事ですが、既に自前のLHサージが始まってしまっている状態でhcg注射をした場合は排卵まで36時間説は通用しないのではないかと思うのですがどうなのでしょうか?(自前のLHサージが既に始まってるので、36時間よりももっと前に排卵してしまうのでは?と思ってます。的外れな思い込みでしたらすみません)
それともサージが始まってようが始まってなかろうがhcg注射を打ってから36時間なのでしょうか?

また、LHサージが始まってない状態でhcg注射をする場合、36時間後に程近い状態を狙いたいなと思ってしまうのですが。

例えばですが、AIH前々日の23時頃にhcgを打ち、AIHは午前11時開始というのが理想的に思えるのですが、希望をすれば23時頃にするためにhcgまたは点鼻のお薬をいただけるのでしょうか?

たくさんの質問になってしまいすみません。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター