Entries

ヘリコバクター・ピロリが不妊原因になりうるとする説がある(1)

ヘリコバクター・ピロリ(あるいはピロリ菌)って聞いたことありますよね。
胃の中に存在しうる菌で、胃炎をはじめとした色々な消化器病の原因になる、といった感じで有名だと思います。
僕なんかの青春時代には、「爆風スランプ」が「ヘリコバクター・ピロリ」という曲を出していました(you tube辺りで検索してみてください)。

Wikipediaから図を借りてきました。こんな感じだそうです。

Wikipediaの解説文を読むと、

「・・・長軸の両端(極)に、それぞれ4-8本の鞭毛(極鞭毛と呼ばれる)を持ち、この鞭毛の回転運動によって、溶液内や粘液中を遊泳して移動することが可能である」

とのことです。

「ふ~ん」
で終わってしまう人が多い中(僕もその一人なのですが・・・)、
「これ、なんか精子に似てね?」
と考える方がこの世にはいらっしゃるらしく、さらには、
「ヘリコバクター・ピロリに感染している人は不妊になり易いんでないかい?」
と大真面目に研究なさった方がいらっしゃるようで。
今回は、そんな方々の研究成果を見てみたいと思います。

【管理人注】
そんなわけでまとめてみますが、本ページの内容は今のところ、あくまでも一部の研究者が論じている「説」に過ぎず、とてもとても「エビデンス」と呼べる代物ではありませんのでご注意下さい!
また、以降の内容をどう捉えるかは、皆様個人個人の自己責任でお願いします。
以降の内容は、あくまで「こんな論文もあるよ」という紹介のみです。
僕が何かを推奨しているわけではありませんので、その点十分ご注意下さい


えっと、まずこちら。
で、真面目に「ピロリ菌」と「精子」が似ている、と考えちゃった先生達が出した論文です。

本当にこう書いてあります。

Some of our group have hypothesized the existence of an antigenic mimicry between bacterial flagella of H. pylori and the only flagellated human cells, the spermatoza.
(我々のグループでは、ピロリ菌の鞭毛と、ヒトので唯一鞭毛を有する細胞である精子に抗原類似性があるのではないかと考えた。)

で、この論文の要点を箇条書きにすると、
  • 82人の特発性不妊男性(このうち2人除外でトータル80人)に対しヘリコバクター・ピロリ抗体を有しているかどうかで、ヘリコバクター・ピロリ感染の有無を判定し、各々の群で精液検査所見がどのようになっているかを調べた。
  • ヘリコバクター・ピロリ抗体陽性群では、さらにピロリ菌のCagA産生の有無により亜分類した。(管理人注:CagAとはピロリ菌が出す蛋白質で、これを出せる菌と出せない菌で比べると、出せる菌の方が消化性潰瘍/胃癌発症のリスクが高いそうです。本論文でもそうですが~この論文はイタリア~、西洋ではCagA産生率は50%位だそうですが、日本ではほぼCagA産生型だそうです。)
  • 各々の群で、精子濃度には有意差はなかった。
  • 精子運動率では、ピロリ抗体保有群:22%、非保有群:28.5%で有意差は認めなかったが、ピロリ抗体保有群のうちCagA産生(+)群:18%、CagA産生(-)群:29%で、CagA産生(+)群で有意に低下していた
  • CagA産生(+)群 v.s. CagA産生(-)群では、CagA産生(+)群で、アポトーシス/ネクローシスの所見を呈する精子が多かった
とのことです。
すなわち、この論文の結論では、CagA産生性ピロリ菌保有者の精子所見が悪かった、となるそうです。
で、その理由として、この先生たちは
  • ピロリ菌による炎症により増加する物質(ここではTNF-αという物質を挙げています)が精子を障害する可能性
  • 抗ピロリ菌抗体が精液中にも含まれていて、これが精子にも反応してしまう可能性
を挙げております。
そんなわけで、日本でのピロリ菌はほぼCagA(+)とのことですから・・・

(続く)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dokumotti.blog.fc2.com/tb.php/124-89172d21

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター