Entries

皆様が戻したその卵、染色体が正常である確率は何%か?(7)

で、いよいよGardner分類と染色体の状態についてです。
今日は、例えば、「4BA」という表記なら、最初の数字「4BA」の状態がどの程度染色体とリンクしているかです。
この内容が「図2」として、グラフになっていますが、このグラフがカラーでこれまたインパクトがあります。

  • Gardner分類でグレード5-6の胚盤胞の染色体が正常である確率は49.2%(61個中30個)、グレード1-2の胚盤胞では37.5%(48個中18個)であり、有意差はないものの、成長がゆっくりの胚は染色体異常率が高い傾向が見られた。
  • グレード3の胚盤胞では、染色体異常胚のうち、モノソミーとトリソミーの割合はほぼ等しかったのに、グレード5-6ではトリソミーの方が多かった(モノソミー:トリソミー=1:1.7)
  • 2本以上の染色体に異常がある割合は、グレード5-6の胚に比べて、グレード3以下の胚で多かった。




上の図がまさにそれです。
各棒グラフのうち、一番下の青い部分が染色体が正常だったものです。
逆にいうと、その上に乗っかっている4色は全て何らかの染色体異常があったものです。
どうですか?これ?
一応、傾向としてグレードが進んでいるほど(発生が早いほど)染色体が正常である確率が高まっているようですが、論文中にも有った通り、有意差は無しだそうです。

で、グレード5以上でも、染色体が正常だったのは49.2%です。
逆にグレード1-2でも37.5%は正常です。

どうでしょうか?
グレードが進んでいるほどいいには越したことはないですが、グレード5以上でも染色体が正常だったのは思ったより少なく、逆にグレード1-2でも染色体が正常なものは思ったより多くないですか?

次回は、「4BA」の「4BA」の方についてです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dokumotti.blog.fc2.com/tb.php/132-141b59bb

トラックバック

コメント

[C77] ありがとうございました。

3PNは移植しないという決まりなんですね。なるほど。
色々と教えていただきありがとうございます。夫婦ともども感激しております。
どくさま先生って本当にお優しい・・・。私たちの光です。
今日はどうしても気になってクリニックに電話をしました。
移植は初期胚からで、1本のチューブを融解した際の1つ良好な卵を移植し
微妙な卵は追加培養して胚盤胞になれば再凍結するそうです。
胚盤胞になったものはグレードに関わらず、単独で凍結するようにお願いしました。
しかし、「34才以下では最初の2回は単一胚移植がルール」というのを考えると、
やはり1本に1卵のチューブを最低2本は作っていて欲しかったな、というのが
正直なところです。2度の凍結ってやはり卵にとってダメージだと思いますし。
たくさん受精卵があるとはいっても、すでに思い入れが芽生えています。
きっと赤ちゃんが来てくれることを信じて、これからも前向きにがんばります。ありがとうございました。

[C76] Re: ありがとうございました

> 先生は3PNでも胚盤胞まで育てば移植されますか?

3PNは流石にダメです。
日本産科婦人科学会が以下のごとく答申しています。

「不妊治療を目的として行った体外受精あるいは顕微授精により、数%程度の確率で3前核胚が作成される可能性があることは、良く知られた事実ですが、このような異常受精胚の場合、子宮内へ移植しても着床する可能性は低く、また、万一妊娠が成立した場合でも、流産に至るリスクが極めて高いものと判断されています。すなわち、生殖補助医療において、このような異常受精胚は胚移植の対象にならない受精胚と考えられます。従いまして、最終的に挙児を目的とする通常の治療行為では、3前核胚を子宮に移植することはないものと判断されます。」

ただし、これまた奥が深いのも事実です。
自然妊娠でも当然3PNはありうるわけですが、そんなわけで体外では3PNをスクリーニングして除いているわけです。
これは、実はある意味「着床前診断」に相当するわけで・・・・・。
と話を進めていくと、実は着床全診断の是非論まで繋がっていく話なので、ここでstopしておきます。


> 私はフルタイムで仕事をしているので、年に何回も採卵できないので、今回沢山の卵子をとるために高刺激にしました。たくさん受精したから大丈夫、と思われているのかも知れませんが、ひとつひとつ大事に移植したいというのが本音です。

僕もその気持ちが大事だと思いますよ。
ETする胚を実際にご覧いただくと、
「かわいい」
とおっしゃる方もいらっしゃいますし、感極まって涙を流される方までいらっしゃいます。
ETの時に御夫婦で手を握って祈ってらっしゃるケースもあります。
そんなに大事に思ってもらえる「胚」は幸せ者だと思います。
  • 2014-08-17 22:31
  • どくさま
  • URL
  • 編集

[C75] ありがとうございました

先生、わかりやすい説明ありがとうございました。やっぱり流石どくさま先生です。
とっても理論的で納得できました。
先生の記事をもう一度見直してみて、「異常受精(3PN)胚が素晴らしい胚盤胞になる、なんてことはよくあります。」という記述を拝見し、またビックリしました。そんなこともあるんですね。
今回の私のケースでも3PNが発生したようですが、移植不可ということで捨てられた様でした。
先生は3PNでも胚盤胞まで育てば移植されますか?
今通院しているクリニックは、IVF説明会で「通常は1本のチューブに4-5個の卵を凍結可能だが、融解でダメージをうける事を考えて、うちでは1本に1-2個の卵子と決めています」と言われて、安心していしてしまっていました。料金の案内のところに、「すべて初期胚で保存希望、すべて胚盤胞で保存希望、すべて1チューブ1個で保存などの希望があれば申し出てください」と小さく書いていました。我ながら失態です。採卵前は誘発で頭がいっぱい、採卵後はヘロヘロで、凍結まで頭が回っていませんでした。凍結してしまったものは仕方がないので、培養中の8個のうち、いくつ胚盤胞ができるかわかりませんが、そちらはグレードに関わらず1本1チューブでお願いしようと思います。
現在のクリニックの卵質の評価方法は「発育速度と形態の2段階で判定し評価しています。当院オリジナルの有効な評価法です」と書いてあります。Veeck分類とそう大差はなさそう(?)です。
Veeck分類はあまり信用しないので、とは言いやすくても、当院オリジナルの評価と言われてしまうと・・・なかなか信用しないとは言いにくいです。
私はフルタイムで仕事をしているので、年に何回も採卵できないので、今回沢山の卵子をとるために高刺激にしました。たくさん受精したから大丈夫、と思われているのかも知れませんが、ひとつひとつ大事に移植したいというのが本音です。

[C74] Re: 初期胚ではどうでしょうか。

ローラさん
多くの卵が得られたようで何よりです。
いい結果になるといいですね。

初期胚の形態評価についてですが、御指摘の通りかなり微妙だと思っています。
初期胚の形態評価にはよくVeeck分類というのが用いられています。
これは、「割球数」(day2で3-4分割、day3で6-10分割位でしょうか)+「割球の大小」+「フラグメント」で評価するものです。
「割球の大小」は、各々の割球の大きさが均等なほど良いとします。
但し、冷静に考えると、「1個が2個に割れ、2個各々割れて4個に、4個が各々割れて8個に・・・」となるわけですから、8細胞が均等な大きさになっているのは好ましいのでしょうが、6細胞とか7細胞が均等な大きさなのはちょっと眉つばなわけです。
今から8細胞に分割するために3回目の分割を済ませた細胞とこれから3回目の分割を起こす細胞のサイズは違う方が自然ですもんね。
「フラグメント」というのも最近では時間によって増えたり減ったりしていることが知られています。

さらに想像を膨らませると、結果妊娠して流産してしまったとすると、その原因として最も多いのが胎児(胚)の染色体異常なわけですね。
ということは、結果流産を起こした染色体異常胚も、当然のことながら分割期胚→胚盤胞→ハッチング→着床という経緯を経るわけです。
この「結果的に流産となる染色体異常胚」を分割期胚、胚盤胞の形態評価で除外できているか、というと、残念ながらできないわけです。

2個ワンセットで凍結、その意図するところは?とのこと、・・・難しいですね。
御存知の通り、34才以下では最初の2回は単一胚移植がルールです。
是非よくお話をうかがって、御納得のいく治療が受けられるといいですね。
  • 2014-08-17 09:24
  • どくさま
  • URL
  • 編集

[C73] 初期胚ではどうでしょうか。

どくさま先生こんばんわ。いつも面白い記事、ありがとうございます。
今は夏期講習の不育症、とっても楽しく受講しております。
今日は前の記事にコメントつけてしまいすみません。
最近の私はといいますと、ショート法で採卵を終えて23個採りました。
(どくさま先生もAMH事前に測らないとお聞きして、安心して誘発に望めました。)
卵がちょっと育ちすぎたせいか、OHSSになり、全胚凍結です。
18個が正常受精し、とってもいい卵が4個、微妙なのが4個
良くないのが8個(もう一つはよくわかりません)できており、良いものと微妙なのを4分割の時点で凍結、良くない8個は胚盤胞まで育ったものだけ凍結すると言われました。
ちなみに主治医はアンチ胚盤胞移植派です。理由は歴史が浅いからとのことです。
ですので、基本初期胚移植する方針のDrです。
今日、いい卵4つと微妙な卵4つの初期胚はそれぞれ1つずつを1本のチューブに入れ
計4本をすでに凍結済みと言われました。(凍結の仕方は事前に説明なく事後報告でした)
いい卵を初期胚で移植するに、微妙な卵も融解せざるを得ないと思うのですが
もしかして微妙な方を捨てるつもりなんじゃないかと心配です。
(2段階胚移植のためにもセットで凍結したみたいなことを仰っていたので)
再凍結ってあまり良くないですよね。きっと。
私は2段階なんてハイリスクなことしたくありません。シート法なら興味ありますが。。。
胚盤胞のグレードは眉唾だとおもうのですが、それは初期胚にも同じことが言えるのでしょうか?
私個人的には、初期胚に関しても胚盤胞と同様にあまり見た目では判断できないんじゃないかと
思っているので、微妙な卵も無駄にせず、気長に単独移植したいのですが・・・
長々とコメントつけてしまい、申し訳ありません。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター