Entries

女性性機能障害を考察してみる(7)

とりあえずFSDの最終回です。

Dyspareunia(性交疼痛症)のコントロール

Dyspareuniaの定義は
「ちゃんと『濡れて』いるし、腟痙攣でもないのに性交渉時に痛みを繰り返し感じること」
となります。
痛みを感じる状況(部位)により「pain on entry(挿入時痛)」と「deep pain(深部痛)」があります。

【pain on entry(挿入時痛)】
この場合は、そもそも、「濡れていない」場合、「腟痙攣がある場合」を否定するわけですね。
これらがあれば、そもそも定義から外れます。。
他に婦人科疾患から来る場合もありますね。
何らかの腟-前庭-外陰炎があれば、当然痛みを感じてもおかしくないわけです。

あまり教科書には書かれていませんが、そもそも解剖学的に「狭い」方が確かにいらっしゃると思います。
これは確かに痛そうだ、という方。
あと、個人的経験では、この主訴で拝見して、腟中隔を見つけた事もあります。

【深部痛】
これもやはり婦人科疾患の精査から入っていくべきでしょうね。
内膜症の典型的な主訴なのは有名ですね。

Vaginismus(腟痙攣)への対応法

世間一般で「面白おかしく」揶揄されている(抜けなくなって救急車で云々というやつ)ではないです。
定義的には
「腟の外1/3の部分の筋層に反復性または持続性の不随意攣縮が起こり性交を障害するもの」
なので、性交渉を持とうとすると条件反射的に腟が収縮し、挿入不可になる状態です。

多くは原発性(時折続発性もあるらしいです)で、何らかの性交(というか挿入)恐怖に対する反応なのだろう、何かしらトラウマがあるのだろう、と考えられています。

そんなに稀ではなく、時折いらっしゃいます。
治療としては系統的脱感作用法が行われるようです。

Sexual Aversion Disorder(性嫌悪)への対応法

で、最後に「性嫌悪」です。
「性嫌悪」は僕も何人か拝見したことがあるのですが、皆さん、ご主人さんをごくごく普通に愛してらっしゃって、ごくごく普通に妊娠もしたいと考えてらっしゃいます。一見普通の女性です。
但し、セックスを強く拒否します。
で、よくよくお話を伺うと、やっぱりトラウマがあります。
レイプ体験が多いですかね。
で、とにかくセックスが怖くて怖くて仕方がない。
大概涙ながらにおっしゃって下さいます。
で、大概皆さん、
「ご主人さんに申し訳ない」
と、おっしゃいます。

一方、ご主人さんに個別にお話しを聞いてみると、そんな奥様の状況を良く理解なさっています。
僕なんかがお話することはもう無い状況。

まあ、もちろん僕の前にいらっしゃるカップルは、「妊娠したい」という状況まで行っているわけで、バイアスがかかっているでしょうから全例がそうではないのかも知れませんが。この状態を「disorder」、つまり「性嫌悪」とすることにどうも今一つ納得がいかないわけです。
いろんな教科書なり論文なりを読むと、「性嫌悪」あるいは、時には「性嫌悪障害」とまで書いてあることがあります。
この状態で「セックスから逃げ出したい」という状況は本当に「」なのか?「障害」なのか???
つまり「異常」なのか?改善すべき状態なのか?改善を試みるべき状態なのか?
今一つわからん。

個人的にはそんな感じです。

以上、一旦性機能障害終わりです。
この分野は、本当に十人十色で、個別に心理的考察が必要な点で、かつ、それが個人的問題ではなくカップル間の問題なので、臨床的には非常に興味深い分野です。
個人的には、非常に人間臭くて好きな分野です。

つい先日、拝見している方から
「なるほど、所で、先生も実践しているんですよね?」
と鋭い突っ込み。
「・・・・いや、あの、そもそも僕は生殖器の役割はほぼ終えて、もう泌尿器なので・・・・」
orz

今日までの内容、HPの方にアップしておきます。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dokumotti.blog.fc2.com/tb.php/142-d460f63d

トラックバック

コメント

[C53] ありがとうございます

早速お返事ありがとうございます!
やっぱり通いやすさ等が挙げられるのですね。
成績は母数が少なく、年齢制限をかければ上がるものだし。正直、私の年齢では大きな差がない印象です。
先生がそういったことに言及されないのであれば、自信を持って選びたいと思います。
答えにくい質問にお答えありがとうございました。

  • 2014-01-27 11:29
  • 高橋
  • URL
  • 編集

[C52] Re: 病院選びについて

はい。皆様苦渋するところでしょうが、こればかりは何とも。
100%の方が納得する、というのは現実的にはありえないわけで、通いやすさ、診察時間帯、お値段、さらには相性などもあるわけであり、画一的にはならないところです。
ご自身の「足」で実際いくつか当たってみて、ご判断なさるのが最もよろしいのではないかと思います。
いわゆる「患者力」が試されるところでもあります。
あまりいい答えができなくてすいません。
  • 2014-01-27 08:42
  • どくさま
  • URL
  • 編集

[C51] 病院選びについて

いつもとても参考になる情報をありがとうございます。
何度かメールでご相談させていただいたことのある高橋と申します。
この度、ARTを目的にクリニック選びをと考えていますが、どういったことを基準に選んだらいいのか分からず、出来ればアドバイスをいただければと思い思いきってコメントさせていただきました。
年齢は妻32歳、主人33歳、自己タイミングを1年半ほど。生理周期はほぼ28日周期で一定。基礎体温も2層性で、総合病院の先生からは妊娠しそうだけどなぁ?って言われていました。卵管造影(油性)、フーナーテスト異常なしでした。タイミングがとれない時に合わせて、AIHは2回だけしましたがやはり陰性でした。
老舗(笑)と新しいクリニックで確認した方がいいところはどんなところでしょう?新しいクリニックでは培養が一定するのに時間がかかるというウワサもあったり…
言いにくいこともあるかと思いますが、簡単で構いません。よろしくお願いいたします。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター