Entries

精索静脈瘤への向き合い方(1)

では、今日から、精索静脈瘤行きます。

現在の所、精子形成障害を理論的に改善しうるのは、低ゴナドトロピン血性性腺機能低下症(何らかの原因で下垂体からのFSH/LHのパルス状分泌が障害された状態)などの続発性(二次性)造精機能障害のみに限られていて、その他はほとんど「経験的」治療なわけです。
そんな中、「精索静脈瘤」という状態があり、これは、(場合によっては)手術で精子形成障害を改善できるかも?(全員が全員ではないかもしれないが)とされている状態です。

ただし、これがまたよくわからない。
そもそも不妊じゃない人にも精索静脈瘤は認められる。
精索静脈瘤が何で精子形成障害を起こすのかの理由が未だによくわかっていない。
で、実際手術の結果妊娠率がどうなるのか?がいろんな結果が出てくる。
といった状態でした。

そんな混沌とした状態でしたが、直近、何となく方向性が見てて来たような、といった状況だと思います。
(僕は男性不妊およびその手術を3人の泌尿器科の先生に教わったのですが、3人とも基本的には「精索静脈瘤は手術すべき」(?)でした。)

今回からしばらく、精索静脈瘤について考えられていること、及び、手術の主流となりつつある『顕微鏡下低位結紮術』についてなるべく簡単に書いてみたいと思います。

【精索静脈瘤とは?】
精巣にも当然ながら血液の流れがあるわけです。
精巣から心臓へ戻っていくのが静脈ですね。
この静脈が拡張して「こぶ」状に累々と怒張してきたものが精索静脈瘤と呼ばれるものです。
位置的にいうと、陰嚢内、精巣のちょっと上あたりになります。
(画像をお見せしたいのですが、日本国内の法律に触れてしまうといけませんので、ご自身でググってみてください。)

細かくは、精巣からの静脈は3系統ある(内精静脈、精管静脈、外精静脈)のですが、このうち、左の内精静脈の先天性還流不全という位置付けになるかと思います。
できるのは、圧倒的に左です。
これは、「ヒト」の解剖学的弱点のため、と考えられています。
(ご興味があったらググってください。)
両側にできることもありますが、右だけにできていたら「何かおかしい」と勘繰るべきだそうです(右だけの方は僕は見たことがありません)。
あと、基本的に、先天性還流不全と考えるので、急速に出て来た場合も「何かおかしい」と勘繰るべきだそうです。

頻度的には性成熟男性の10-15%に見られるそうです。もちろん不妊でない人たちにも普通に見られます。
一方、男性不妊患者では、原発性(いわゆる一人目不妊)で30-35%、続発性(いわゆる二人目不妊)で69-81%に認められるそうです。
これはつまり、「あったら即悪ではない」ということも言えますし、「進行性に精子所見を悪くしている可能性がある」ともいえるわけです。
(一人目の時は大丈夫だったけど、時間が経過するにしたがって所見が次第に悪くなる、だから二人目不妊時に「あれ?精子が・・・。」となると考えられるわけです。)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dokumotti.blog.fc2.com/tb.php/158-7eddb274

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター