Entries

精索静脈瘤への向き合い方(2)

ということで、「精索静脈瘤がある」イコール「即治療対象となる」というわけではないのですね。
この辺がややこしい所でもあります。

前述のごとく、不妊ではなく、精液検査所見も全く正常である精索静脈瘤の方もごくごく普通にいるわけですし、当然ですが、不妊を訴えない人を研究対象に巻き込めないわけです。
精索静脈瘤手術後の改善効果を示した報告は実はたくさんあるのですが、その多くが「対照群」が存在しないのですね。
科学的に「エビデンス」と言えるものには「対照群」が存在するケースコントロールスタディとその結果のメタアナリシスが必要なのですが、その結果が以下のような感じで来ています。

まず、コクランですが、「Surgery or embolisation for varicocele in subfertile men.」という表題で、以下のごとくです。こんな感じ。で、ようやく2012年にちょっと風向きが変わった感じです。
  • 2012年 may improve a couple's chance of pregnancy
まだ「may」なんですけどね。

で、2003年にLancetという、これまた権威ある雑誌に衝撃的な文字が載ったわけです。
Varicocele repair does not seem to be an effective treatment.
ですね。
ちなみに、こちら。(2001年のコクランの先生と2003年のLancetの先生は同じです。Insufficient evidence → no evidenceになったので、この論文は当時大騒ぎになった論文です。)

但し、推進派も黙っていません。
これまた有名な2006年のEur Urolで、こちら。内容は、というと、基本的には「コクランふざけるな!」とほぼ喧嘩売ってます。
どういうことかというと、コクランの検討には「subclinical varicocele」、つまり、the varicocele detected by Doppler examination of the scrotum, in which no varicocele was found on clinical examination(カラードップラーで初めてわかるような精索静脈瘤)が入っているからno evidenceになるんじゃ!「abnormal semen analysis and palpable varicocele(精液検査異常があり、触知可能な精索静脈瘤)」に限定すれば有意差出るんじゃ!というわけです(ただし、検討可能な研究が3つしか残らなくなっちゃったので、cannot result in a good quality meta-analysisとも言っています)。
2007年には、「触知可能かつ精液検査で一個以上異常値がある」という条件で検討された結果が「有意差あり」です。えっと、です。
直近では2011年、こちら、が、「良さそうな傾向はあるんだけど、有意差は出なかった」といった感じです。

こんな感じなんで、今の所まだコンセンサスの形成までは到達していないのですね。
そんなわけで、コクランが2012年にようやく「may」まで来た、というのが現状です。

こんな現状なので、精索静脈瘤治療のガイドラインは今の所無いんですね。
一応、手術考えてもいいのでは?という条件としてよく挙げられているのがこちらで、です。4つの条件が書いてあって、
  • The varicocele is palpable on physical examination of the scrotum.
  • The couple has known infertility.
  • The female partner has normal fertility or a potentially treatable cause of infertility.
  • The male partner has abnormal semen quality or abnormal results from sperm function tests.
です。
つまり、今までの経緯上、「触知可能かつ精液検査異常」で、「不妊であることが確定かつ女性因子が無いかなんとかなる」という条件が付いているわけです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dokumotti.blog.fc2.com/tb.php/159-e5f0fcb5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター