Entries

子宮頸がん検診リコメンデーション(3)

続き

【結果の解釈と運用】
1.細胞診(陰性)/HPV-DNA検査(陰性)の場合
次回検診を3年後に実施する。

2.細胞診(陰性)/HPV-DNA検査(陽性)の場合
6~12か月後に細胞診とHPV-DNA検査による再検査を実施する。

3.細胞診(ASC-US)/HPV-DNA検査(陰性)の場合
1年後に細胞診による再検査を実施する。

4.細胞診(ASC-US)/HPV-DNA検査(陽性)の場合
コルポ診を実施する。

5.細胞診陽性(異常)の場合
HPV-DNA検査の結果にかかわらず、細胞診がLSIL、ASC-H以上の細胞異常が見られた場合はコルポ診を実施する。


ASC-USの色は、黄色のイメージですが、見えにくいのでオレンジにしました。
(「赤に近い」という意味ではないです。)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dokumotti.blog.fc2.com/tb.php/180-7b53e24e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター