Entries

超音波時の癖

僕は日常、卵胞チェックをさせていただいている時に、3枚の超音波写真をとる(最近は電子カルテなので「残す」)癖があります。
(1)子宮内膜の厚さ
(2)左右の卵巣(画面を二つに分けて「右│左」で一枚に収める)
(3)頸管粘液の状態

で、同僚の先生たちからよく
「何ですか?これ?」
と聞かれるのが(3)です。

確かに頸管粘液は「不妊」やってないと、日常、あまり評価しないですもんね。
↓こんな感じ。



矢印の上方向が外子宮口方向です。
で、この「黒い溝」が「頸管粘液」ですね。
例えばこんな感じで見える方は、ざっと1CC越えでしょうかね。
慣れてくるとこれでざっとですが量も推定できるようになってきます。

そんなわけで、日常「癖」で内膜→卵胞「右│左」→頸管粘液の画像を撮るようにしています。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dokumotti.blog.fc2.com/tb.php/197-c6849e9e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター