Entries

肥満と男性不妊(2)

続き

3.How does obesity affect male fertility?
  • 肥満の合併症の一つとして男性不妊があるとする多くのデーターがある。
  • 基本的には、EDと精液所見の悪化を引き起こす。
  • 肥満/糖尿病の男性の生殖能を脅かす原因の一つとしてEDが挙げられている。
  • Coronaによると、メタボリック症候群の96.5%にEDが存在した、と報告されている。
  • 肥満による精液所見の悪化としては、精子濃度の低下、奇形率の上昇、運動率異常、DNA断片化率の変化などがある。
  • 精子濃度の低下は肥満男性だけではなく、「やせ」の男性にも見られ、正常精子形成能のためには、理想的なBMIの範囲というものがそんざいするようだ。


ということです。
で、この論文の「図1」を見てみましょう。
リンクはこちらからどうぞ

obsesity(肥満)が、幾つかの原因により(これが次の第四章の内容)、ED(erectile dysfunction)なり、精液所見の悪化(altered seminal parameters)を引き起こし、妊孕性の低下(sub-fertility)を引き起こす、というわけです。

で、この「原因」が次の章で書かれています。

【続く】
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dokumotti.blog.fc2.com/tb.php/207-52021b07

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター