Entries

Essureが日本に導入されたらいいなぁ(3)

【バックグラウンド】
卵管留水腫がある方が体外受精をする前には、何らかの方法で留水腫を起こした卵管と子宮の間の連絡を断ち切ることが推奨されていて、現行、コクラン(2010)+本邦産婦人科内視鏡手術ガイドラインでは「腹腔鏡下卵管切除または卵管閉塞(切断とかクリッピングとか)」が推奨されています。

僕も実際には、「腹腔鏡下卵管クリッピング」を施行させていただいているのですが、これは即ち、「腹腔鏡下手術」が必要であり、そもそも骨盤内癒着があるはずの卵管留水腫の方は、リスクもあり、かつ、腹腔鏡とはいえ、手術をするわけで、さらに癒着を増強しかねないわけです。

これに対し、海外では「Essure」という医療器具があります。
Essureは、そもそもは子宮鏡下に卵管の中に専用のコイルを詰めて、3か月すると、そのコイル周辺に線維化が起こり、卵管が閉塞する、というもので、本来の目的は「避妊」です。
アメリカFDAでは2002年に認可されています。

「子宮鏡下に卵管閉塞が起こせる!」
・・・ということは、卵管留水腫の「卵管-子宮間」の交通遮断に使えるんではなかろうか?
しかも、腹腔鏡なしで!

というのに最初に目を付けたのが、Rosenfield先生たちで、2005年にBMI 50.0(!)という、全身麻酔禁忌と考えられた卵管留水腫の方に施行してみて、その後体外で双子(!)の妊娠が成立した、という報告をしています。この最初の症例報告から今年で9年になるのですが、この方法は世界中で広まっているようで、今年のBJOB(←イギリスの産婦人科学会誌)には、最初のsystematic reviewが載るまで来ています。こんな感じで世界では着々と臨床経験が蓄積されているのですが、残念ながら、今日現在、日本では未認可です。

僕もお恥ずかしながら、つい最近まで知りませんでした。
(勉強不足、痛感してますorz)
で、たまたまなのですが、患者様を拝見させていただく機会を頂戴しました。
・・・・感激しました。
イケてる気がする。

「これが日本で導入される日が来るといいなぁ。」

と、心底思っているわけです。
でも、僕一人の力では到底何もできないので、草の根運動。
つまり、一人でも多くのDrの目に触れれば、もしかしたら偉い権力者の先生のお目にとまり、導入方向に動き出すかもしれない。

で、僕のできることと言えば、「学会発表」。
もちろんなのですが、何のCOIもありません!
(注:COI=Conflict of Interest、要するに「お金もらってない」ということです。)
【以上、バックグラウンド】


で、昨日、第127回 関東連合産科婦人科学会で発表させていただきました。
狭い会場でしたが、意外にも多くの先生方にお聞きいただけ、ありがたかったです。
質疑応答も、偉い先生達に鋭く突っ込まれ、タジタジになってしまいましたが・・・・(^^;
御同感いただけました偉い先生がいらっしゃいましたら、是非お力添えのほどよろしくお願いいたしますm(_ _)m

会場で聞かれた質問で、お恥ずかしながら即答できなかった件、調べておきました。

Q.Essureの素材と、その後妊娠した場合の安全性は?
A.これは、会場ではとっさに答えられませんでした。不勉強ですいませんでしたm(_ _)m
で、のP7の右の一番最後の所に書いてありましたので、コピペしておきます。

Importantly, no adverse effects on the fetus have been reported following successful pregnancies after the use of Essure in those with hydrosalpinx. ~~. In addition, the nickel titanium alloy used for the coil has shown no cytotoxic or genotoxic effects on animal models. Polyethylene teephthalate fibers, which run inside the coil, have been used in various grafts, sutures and implants and have been found to be safe.

だそうなので、Essureによる卵管閉塞後妊娠しても、今の所、胎児毒性は報告されていないようです。

・・・・そんなの当然聞かれる「想定質問」だ!あらかじめ調べておけ!って話ですよね。
まことに申し訳ございませんでした(反省)。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dokumotti.blog.fc2.com/tb.php/269-1d3c35ed

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター