Entries

AIHを極める(12)~ダブル人工授精編(2)

【原因不明不妊に対するメタアナリシス】こちらに、「原因不明不妊」のみをターゲットとしたメタアナリシスの検討結果が載っています。
  • 6つの報告合わせて829人が対象。
  • 排卵誘発は、1つはクロミフェンのみ、3つがhMGのみ、2つがクロミフェン+
    hMG。
  • 1回AIH群は概ねhCG投与後36時間後に施行(1つのみ24時間後)。
  • 2回AIH群は、初回をhCG後12-24時間後に、2回目を34-48時間後に施行。
  • 1回人工授精群の臨床的妊娠率は14.4%、2回人工授精群では14.4%で、有意差はなし。
とのことです。
考察としては、ダブルAIHなら
①送り込める精子数の増加
②精子を送り込む「時間差」により、(精子の)受精可能期間を延長させる
という効果が見込めそうだが、原因不明不妊に対しては無効と思われた、と記載されております。

続く
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dokumotti.blog.fc2.com/tb.php/292-859b8bfd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター