Entries

子宮腺筋症合併不妊(1)

子宮腺筋症という病態があります。
病態的には、「病理学的に異所性子宮内膜組織(腺+間質)が子宮筋層内の平滑筋組織内に認められる状態」ということになります。
これを、誤解を恐れず平たい言葉で表現すると、
「子宮内膜組織は、本来は子宮内膜にしか存在しないはずなのに、なんでか理由はよくわからないけど、子宮の筋肉内に子宮内膜組織ができちゃったもの」
という感じです。

症状は、ほとんど何もないレベルの方~ひどい痛み(生理痛のみにとどまらないこともあります)/生理の出血量が多く貧血になる(時には輸血の適応になるような方もいらっしゃいます)まで、本当に幅広いです。
痛み/出血で悩まされ続けている方の中には、それが理由で精神的に不安定になってしまう方や、お子様がいらっしゃらなかったり、未婚の方でさえも「この苦しみから解放されるのなら、子宮全摘を是非行ってほしい」と言う方もいらっしゃるほどです。

症状の強い方で、挙児を望んでらっしゃる方の中には、もうそれこそ「歯を食いしばって」「耐え難きを耐え」状態になっている方もいらっしゃいます。

で、この子宮腺筋症合併不妊の方の治療戦略は?というと、今のところ非常に混沌としている状況です。
何がいいのか?の科学的証明は本当に始まったばかりで、多分これから10年20年単位でエビデンスが出てくるんじゃなかろうか?と言った状況だと思います。

以降、しばらくの間、この「子宮腺筋症合併不妊」の現在の状況について、考察してみようかと思います。
(只今、作成中!しばしお待ちを!)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dokumotti.blog.fc2.com/tb.php/316-6698dc68

トラックバック

コメント

[C79] Re: 楽しみ

最終的にはあまりいい結論には至らない話になってしまうのですが、しばしお付き合いください。
  • 2014-09-01 17:26
  • どくさま
  • URL
  • 編集

[C78] 楽しみ

楽しみにしています。
  • 2014-09-01 15:04
  • ひで
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター