Entries

子宮腺筋症合併不妊(5)

最初に御紹介したの続きを読んでみたいと思います。
「2.子宮腺筋症合併不妊症の治療成績」
というところです。

子宮腺筋症合併不妊の方の成績は

先行治療なし:妊娠率 41.3%、流産率 30.3%
薬物療法を先行:妊娠率 43.5%、流産率 31.7%
手術療法を先行:妊娠率 41.6%、流産率 21.6%

と記載されています。
子宮腺筋症のうち、「腫瘤形成型」に限ると

先行治療なし:妊娠率 43.0%、流産率 29.1%
薬物療法を先行:妊娠率 48.0%、流産率 15.4%
手術療法を先行:妊娠率 39.1%、流産率 0%

であり、手術療法を先行すると流産率の低下を認めた、と記載されています。

では、手術療法(腺筋症核出術)はイケイケなのでしょうか?
実は、我々産婦人科医の間でも議論の真っ最中で、2012年の「日本産科婦人科学会誌」にはこんな議論が掲載されています。

挙児希望のある患者に対して子宮腺筋症核出術を勧める vs 勧めない
こんな感じで、「プロ中のプロ」が両論戦わせている最中です。
  • 先行治療あり vs なし
  • 先行治療が有利だとしたら手術 vs ホルモン療法
  • その先行治療で奪われる時間は許容範囲内なのか?
  • 手術療法後妊娠の安全性は担保されているのか?
  • というか、そもそも、そもそも腺筋症が本当に不妊原因になっているかどうか?
etc etc・・・・。
まだまだ宿題が沢山残っております。
そんな状況なので、当の患者様御自身が状況をよくよく勉強してもらって、最終的に御自身が納得のいく判断をするのが今のところ最良なのでしょう。

あまりいい結論にならなくてすいません。
では、腺筋症の話、一旦お終いです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dokumotti.blog.fc2.com/tb.php/321-662d4c7a

トラックバック

コメント

[C81] Re: はじめまして

aoi-namiさん

コメントありがとうございます。
ブログ、ざっとですが拝見いたしました。
大分苦しめられた(ている?)ようですね。
本記事の「1)勧める」の先生が主治医の先生ですね。
引き続きお大事にしてください。
  • 2014-09-09 08:55
  • どくさま
  • URL
  • 編集

[C80] はじめまして

私は子宮内膜症、腺筋症、チョコレート嚢胞があり、手術をして、体外受精で、
3年前に妊娠、出産をしました。
なので、読んでいて、共感できるところが多かったです。
ただ、やっぱり、まだまだ腺筋症と不妊との因果関係はわからないということなんですね。
不妊治療はもうしてませんが、また時々ブログ読ませていただきますね。
腺筋症のことを私もブログに書いてますのでお時間ありましたら、読んでみてください。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター