Entries

「生殖医療の必修知識」メモ(5)

【バックグラウンド】
日本生殖医学会編「生殖医療の必修知識」が2014年10月に刊行されたので、これを読んでいます。
これを勉強した内容の、管理人の個人的なノート。〆(・ω・ )メモメモ。

男性内分泌(p144-)

<測定するのはテストステロンかフリーテストステロンか?>
血中では、活性型テストステロン=free T

Total T=free T+SHBG*結合T+アルブミン結合T
(*sex hormone binding globulin)

男性不妊診療では、一般的にtotal Tが用いられている。
LOHの診断基準にはfree Tが用いられている。

<hypo-hypo>
【先天性】
Kallmann症候群、LH単独欠損、FSH単独欠損、adult onset idiopathic hypo-hypo
【後天性】
中枢神経腫瘍、下垂体選腺腫(PRLoma)、頭部外傷、低栄養、高度肥満、薬剤性

<hyop-hyper>
先天性副腎皮質過形成、副腎Leydig細胞腫、精巣腫瘍など


直近、内容が面白くなくってすいません。
このブログ版ではp144の内容を書いておりますが、リアル管理人は、今日で238ページまで読みました。
ちなみに本文は436ページまであるので、残り約200ページ。
そんなわけで、このままの内容がもうしばらく続きますので、気長にお付き合い下さい。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dokumotti.blog.fc2.com/tb.php/356-46ec28ac

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター