Entries

過ぎたるは・・・

皆さん無駄に大好き(!!)サプリメント、旧ブログ版で少し触れました。
また、その内容を本編にも少しだけアップしましたが、僕の現在の考えは基本的に
  • 「栄養素」はバランスの良い食事から得るべき。
  • その上で、一応考えてもよいのは葉酸。
  • その他のサプリメントでは、「エビデンス」と言い切れるレベルのものがあるかというと、今のところ多分ない(と思う。あったら教えて)。
  • サプリメントを飲む/飲まないの選択は「インフォームドチョイス」と呼ばれ、きちんとその利点・欠点の説明を受けたうえで、自己責任で自己判断されるべきものである。
  • そもそもお前らちゃんと「インフォーム」やってるのか?
  • 「妊娠サプリメント」とか言って売ってる族は、大概胡散臭い、キナ臭い、銭ゲバ臭い←あくまでも個人の感想です(笑))。
  • 文句があるなら、ちゃんとそのサプリメントでRCTやって、IFの高い雑誌に載せて、コクランに認めて貰ってから言ってください。話はそれからだ。
といった感じであることを記してきました(ここまで大げさには書いていないかも知れませんが。まあ、似たようなものです)。あくまでも個人の感想ですよ(笑)、クレームは受け付けません!

そんな中、なかなか興味深い報告がありました。今日ご紹介するのはこちら、です。

「Omega-3 Fatty Acids(オメガ-3脂肪酸)」というのは、日本では「n-3不飽和脂肪酸」という表現をすることが多いですかね?必須脂肪酸のα-リノレン酸→エイコサペンタエン酸→ドコサヘキサエン酸の流れのことです。

「何じゃそれ?」
いや、多分聞いたことあると思いますよ。
エイコサペンタエン酸はEPA、ドコサヘキサエン酸はDHAと省略されます。
「あ、お魚の油がなんとかかんとかという・・・」
当たりです。それです。
「え?体にいいって、よくコマーシャルとかワイドショーでやってるやつですよね?」
そうです。
で、それが、「前立腺癌の発症率を上げるかもしれない」という報告です。
例のごとく箇条書きにしてみます。
  • オメガ-3脂肪酸は、鮭、マス、マグロや魚の油のサプリメントに含まれている。
  • この研究では、35000人以上の50歳以上の男性の血液中のオメガ-3脂肪酸濃度を計測した。
  • ただし、この採血では、その「オメガ-3脂肪酸」の由来が食事中の魚由来なのか、サプリメント由来なのかはわからない。
  • このうち、834人の前立腺癌患者と、そうではない1393人のコントロールで比較してみた。
  • 研究者たちは、当初、オメガ-3脂肪酸が高ければ、前立腺癌の発症は防げるのではないかと考えていた。
  • しかしながら結果は逆で、オメガ-3脂肪酸が高いと前立腺がんのリスクが43%上昇した。
とのことです。
で、この文章の中で、「Marji McCullough」さんという方が、シビレルことを言ってくれていますので原文ママで紹介いたします!
  • In general, it’s better to try to get nutrients from foods and eat an overall healthy diet. Moderation and variety is what it always comes back to. People don’t need to eliminate fish from their diet. A healthy, balanced diet includes different types of protein sources that favor fish, chicken, and nuts over red meat.
ふ~。かっこよすぎです。
で、この下にもこんなことが書いてあります。
  • Unlike the vitamins and minerals we get through eating food, supplements usually include isolated nutrients, often in much higher doses, and sometimes with different chemical forms.

要するに、
・お魚は普通に食べるべきです。やっぱり、「栄養素」はバランスの良い食事から得るべきですよ。
・サプリメントは食事で摂取するのと違って、(その栄養成分)単独で、過量に、しかも時には構造的に食事からとるのとは違う科学形態になっていることがあります。
ということです。(僕が言っているんじゃないですよ。)

そんなわけで、EPAだのDHAだののサプリメントを勧めるときには
「こんな利点も言われていますが、前立腺癌が増える可能性も報告されていますよ。飲む飲まないはご自身でご判断くださいね。」
というべきなのですね。

過ぎたるは及ばざるがごとしなわけで。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dokumotti.blog.fc2.com/tb.php/38-f8da2fe4

トラックバック

コメント

[C9] Re: いや~その考えはどうだ?

貴重なご意見まことにありがとうございます。
まさに僕よりの一方通行な点に対する貴重なご指摘です。
合わせて舌足らずだった点を反省申し上げます。

サプリメントは、日本ではご存じの通り「食品」に分類されています。経口摂取するもので、薬事法で「医薬品」に分類されていないもの、という定義になりますかね。
「食品」のうち、「機能表示ができるもの」は保健機能食品(特定保健用食品+栄養機能食品)に分類されれおり、「(賛否両論はあるが、今のところ)機能表示の認められていない、いわゆる健康食品」の一つがサプリメントと認識いたしております。

僕が指摘したい内容は、「機能表示の認められていない」というところがかなりグレーに扱われているのではないでしょうか?ということです。
例えばサプリメント(=保健機能食品ではない「食品」)に添えられている文章に
「○○には○○などの効果があります。」
「○○には不妊治療に効果が期待される成分がふくまれており・・・」
という言葉が現実に添えられています。
僕にはこれがクロに見えるのですが、当然売っている側も(薬事法違反にはならない)対策は練っているでしょうから、そういった意味ではシロなんでしょうね。きっと。

「消防署の方から来ました」
と同じで、それはどうなのよ?それなら
「消防署の方から来ましたけど関係はないです。でも、売る消火器は自信があります。その証拠に・・・」
と売ってほしいなぁ、と思っているわけです。
で、それに対して、消費者が判断すればいいわけです。

まあ、現実社会すべてが大なり小なり「騙しあい」だ、と言われてしまえばそこまでの話なのですがね。
選手宣誓ぐらいは「正々堂々と」と言っておきたいわけです。

長文失礼しました。
  • 2013-08-21 13:36
  • どくさま
  • URL
  • 編集

[C8] いや~その考えはどうだ?

例えば薬なら「この薬が!」本当に効くという証明がされてるわけですよね

サプリってそもそもそういうもんじゃないような

例えばビタミンAは○○という機能がある(証明済み)
ビタミンAが欠乏すると○○になりやすい(証明済み)
という条件の時に
「んじゃほれビタミンAを押し固めた粒作ったから
 足りなくてやばそうだなって思ったら飲んでも良いよ
 これがビタミンAであることは保証するし
 他にあぶないもんとか入ってないことも保証はするわ
 ただこの商品が病気治すって証明はしてないし自分で考えて使ってね
 量も薬になったらまずいから食品の限度に収まるようにしとくわ
 そのほうが自分で勝手に使えて便利っしょ
 あとこれだけ食っても必要量にはぜんぜん足らんからね」

ってのがそもそもサプリメントであってこれに向かって
>ちゃんとそのサプリメントでRCTやって
>IFの高い雑誌に載せて、コクランに認めて貰ってから言ってください
>話はそれからだ。

とかいっちゃうってぶっちゃけナンセンスにもほどがあると思うんですがいかがでしょう
サプリを薬と勘違いしてる患者と同レベルじゃん

あ、クレームは受け付けないんでしたっけ
気に入らないなら削除してください
  • 2013-08-21 11:53
  • 通りすがり
  • URL
  • 編集

[C7] Re: 魚

おっしゃる通りで、「国産」神話も、流石に最近は如何か?と思っておりますが、では、電力消費ゼロ生活ができるのか?と言われると、これまた不可能なわけで、ねぇ。
  • 2013-08-21 01:00
  • どくさま
  • URL
  • 編集

[C6] 魚

ホントにサプリメントは different chemical forms っていうのが気になりますけれども、東電の汚染水何トンという報道見てますと、魚を口にするのもものすごく気になるんですよね(>_<)
今は妊婦は魚の水銀と共に放射能汚染にもビクビクする訳で…。
何十年後にチェルノブイリ周辺のミルクの話のように「あの時のあれが」と言われるのが一番恐ろしいです。
日本の魚はホントに食べるのを推奨できるようなものなんでしょうか。
  • 2013-08-20 23:14
  • 氷高
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター