Entries

内覧会終了しました。

そんなわけで内覧会終了しました。
本HP/ブログの読者様も何人か駆けつけてくださって、ありがとうございました。
中には遠方からわざわざいらっしゃってくださった方々も。本当にありがとうございます。励みになります。

一方で、深刻に思い詰めてしまって、僕の前で涙を流される方もちらほら・・・・。
当院ローカルルールを幾つか作ったのですが、さらにもう一つ加えます。
妊娠反応陽性に出たとき以外院内流涙禁止!(笑)
クリニックのHPにも書きましたが、生殖の過程は、本来ドキドキなのです。ワクワクなのです。
胸がキュンキュンするのです。
高校生の頃を思い出してください。
目線が合っただけでドキドキしたでしょ?
最初に手を握った時もキュンキュンしたでしょ?
楽しかったでしょ?
心が弾んだでしょ?
その延長が生殖なわけでしょ?

赤ちゃんだって、精神的に安定している(=happyな)母体を何らかの方法で選んでいる可能性ありますよ。
というか、多分そうなっていますよ。
だって、その方が生まれた後の生存を担保してくれる可能性が高いわけで、生体防御反応の一つとして十分あり得る話です。
不妊は不妊で認めるにして、やっぱり、その治療の過程を気持ちを新たにワクワクしましょう、ドキドキしましょう。そして夫婦で「大丈夫だよ。安心していいよ。」という環境を作りましょう?ね?
どうせ歩まねばならないステップ、鬱々と歩むだけ損!損!

・・・・などと気楽に言うと怒られるかもしれませんが、僕は本当にそう思ってます。
こんな感じで「ガヒャヒャヒャ」と下品に笑いながらお出迎えしますので、僕で良ければお悩み打ち明けにいらっしゃってください。
お待ちいたしております。

ということで明日は開院です。
準備はしたつもりですが、スタッフ一同まだまだ行き届かない点も多いと思いますが、笑ってお許しください!
(というか、僕が一番足を引っ張ったりして・・・・。いや、その可能性大だな・・・。)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター