Entries

祝(?)開院!

ということで、開院日の朝を迎えました。
ゆっくり少しづつ、でも確実に歩んで行こうと思います。
地味~にね。


で、コメントもらいました。Yさん!ありがとう!
でも、流石に本名バリバリに書いてくださっているので、ネット上でオープンにするには多少問題含みなので、一部伏せてこの形でオープンにします。
(コメント欄ではオープンにしませんね。)

おめでとうございます!
武蔵野赤十字病院で先生に大変お世話になりました○○です。
開業、おめでとうございます!
お陰様で、娘は元気にすくすくと育ち、1才4ヶ月になりました。
先生には感謝してもしきれません。
本当に本当にありがとうございました!

HPを拝見したところ、治療終了後の定期検診でも診て頂けるとありましたので、伺わせて頂こうと思っております(^-^)

ただ、一つ気になることが…。
休診日が見当たりません…(・・;)

どうぞご無理のないように、お体ご自愛下さい。


いえいえ、時間かかってしまって申し訳ありませんでした。
辛かった時期もありましたね。
そんな中でも辛抱強くついてきて下さった点、こちらこそお礼を申し上げたい位です。
そういえば先日、田無の湯川先生の所にも御挨拶に伺いました。
湯川先生ご自慢の院内設備をご説明いただいて、僕も、湯川先生の所の内診台に乗せられ、体験させられました。(させていただきました。)
休みは合間合間を見て取るので大丈夫ですよ。
医学生の頃の純粋な気持ちに戻って、できるだけ公僕となることで、ま、自己満足するわけです。
・・・・もっとも、求めてもらってこそ成り立つのですが・・・・・。
先日、御友人もいらっしゃいましたよ。
検診、welcomeです。
若き自慢の(?)ご主人様もご一緒にどうぞ(笑)。
お待ち申し上げております。
スポンサーサイト

コメント

[C145] Re: おめでとうございます。

・・・ということは、高○君かな?五反野の。違ったらごめんなさい(笑)。

はい。当初は地方に骨を埋める予定でしたが、最先端の技術を身に付けるには都会の方が有利なのは否めないかな?というのはどこの世界も同じですかね?というわけで、東京に帰ってきております。
上野の森も、多少の様変わりはしていますが風情は当時のままで、時々上野高校(←母校!)周辺を散歩したりすることも。
「思えば遠くへ来たもんだ」とね(笑)。

色々ありましたが、社会的な居場所を求めてこんな形になっております。
もちろんまだまださまよい続けますが。

御知人、微力ですがお力になれるようでしたら嬉しいです。
  • 2015-02-24 08:44
  • どくさま改め「いわもと」
  • URL
  • 編集

[C144] おめでとうございます。

開業、おめでとうございます。
先日、偶然ブログを発見しました。なんともりっぱな先生になっていて、正直ビックリしています。
地元から山梨の下宿先への引っ越しを手伝ったのがついこの前のように思えますが、もうかれこれ25年くらい前のことなのですね。
私のまわりにも、不妊で苦労されている方がおりますので、
機会がありましたら、今度、是非紹介したいと思っております。

[C137] Re: 初日、おめでとうございます!

そうですか?
僕的には結構長く戦った気がしていますが。
あれだけ待ち望んだお子様ですので、優しく接してあげてください。
ま、Yさんなら大丈夫でしょうが。

検診お待ちいたしております。
  • 2015-02-13 09:08
  • どくさま改め「いわもと」
  • URL
  • 編集

[C136] 初日、おめでとうございます!

開業初日、お疲れ様でした!
きっとたくさんの方が、今日一日で救われた想いをされたと思います。少なくとも、私が最初に先生に診て頂いた時は、希望がハッキリと形になって見えました。

昨日は、実名バリバリでコメントしてしまい、失礼しました(^o^;
ご配慮下さいましてありがとうございます。

そして、初日のお忙しい中、あんなにもご丁寧にお返事を下さいまして、感激です!
私の事を覚えていて下さっただけでも感動なのに、詳細に色々なことを覚えていて下さって、本当に嬉しい限りです。

妊娠が分かった時に、誰よりも先生が一番喜んで下さった時の事は今でも忘れられません。


友人からも連絡があり、先生をはじめ、受付の方から皆さんとても感じが良かった~、と話してくれました。
いわもと先生のお人柄で、パワーと明るさと情熱をお持ちの方々が集まったのですね。
検診に伺う日が、今から楽しみです♪


…婦人科に、ワクワクした気持ちで通えるって、考えてみると凄いですね(^-^;


お体は、本当に大切になさって下さい。
お忙しいところ、長々と失礼しました!
  • 2015-02-13 01:33
  • Y.O
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター