Entries

AIHを極める(3)

さて、結構本格的な内容に行きます。triggerの問題です。
ややこしいので数回に分けていきます。
今回は「hCG v.s. LHサージ」です。

えっと、この辺の内容については、僕もHP「妊活外来へようこそ」に記載したと思います。えっと、あったあった。で、natural-hCG-AIH v.s. natural-LHサージ-AIHだと、natural-LHサージ-AIHの方が結果がいい、という内容の論文を紹介いたしました。かつ、なんでそうなるのか?についても持論を書きました。
ちなみに、「クロミフェン周期」でもLHサージが勝るという報告があります。
えっと、こちら。ですね。
下の方、resultsのところにこうあります。

Patients who received hCG before IUI demonstrated lower clinical-pregnancy rates than did women who had IUI after spontaneous ovulation (odds ratio, 0.74; 95% confidence interval, 0.57-0.961).

「なんだ!じゃあ、私もLHサージでやりたい!hCGやだ!」
まあまあ、お気持ちはわかりますがちょっと待ってください。「コクラン」にはこう書かれています。
ですが、

Ten studies were included comparing urinary LH surge versus hCG injection,・・・・・. The results of these studies showed no significant differences・・・・.

要するに、「尿中LH検出キット(いわゆる「排卵検査薬」)」 v.s. 「hCG注射」で妊娠率は変わらない、と書いてあります。

なんでぇ???矛盾するじゃないか!!!ヽ(`Д´#)ノ

いえいえ、これが矛盾しないのです。その種明かしをします。
この「コクラン」、中身を読むと、こう書いてあります。

Although the drop-out rate in the LH surge group was much higher compared to the hCG group (due to no detection of an LH surge in 23% of the cycles) there was no significant difference in live birth and pregnancy rates between these treatment groups.

経験したことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。尿中LHチェックで全然反応出なかったのに「もう排卵終わっちゃってます」なんて言われたこと。
そうなんです。自然のLHサージ、絶対捕まえられるとは限らないわけです。
で、「due to no detection of an LH surge in 23% of the cycles」、つまり、23%もの周期でLHサージを捕まえられずにAIHができない(キャンセルになってしまう)、なのでその分を差っ引くと、hCGを打って、確実にAIHをやった場合と、結果的に妊娠率が変わらなくなる、というわけです。
ご理解いただけましたでしょうか?
そんなわけで、まとめると、
やっぱりLHサージに合わせてAIHするほうが妊娠率は良さそうだけど、LHサージを毎回捕まえられるか?というとそうではない。4周期に1回は捕まえられずキャンセルになってしまう。そうすると、結果的にhCG-AIHの総妊娠率と変わらなくなってしまう
ということですね。
この辺をよくよく理解して上手に利用すると、何かできそうな気がします・・・・が、考えがまとまりません。
みなさんもこんな知識、ぜひ上手に利用してみてください。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dokumotti.blog.fc2.com/tb.php/4-e72a0442

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター