Entries

汝、そのAMH測るなかれ(3)

では皆さん大好きAMHを解説しておきます。

【卵巣予備能】
まず、「卵巣予備能」という言葉を理解しておきたいのです、が、実はなんと「卵巣予備能」という用語の正式な定義は、今日現在無いんですね。

でも、この世界では非常に広く使われている言葉なわけで、普通は
「その時点での卵巣における原始卵胞の在庫数」
「その時点で卵巣に残っている卵子数」

という意味で用いられているのが普通です。

卵子(原始卵胞)は、その女性が、お母様のお腹の中で全てが作られきって、もうそれからは作られなかろうと考えられています。
つまり、おぎゃーと生まれたときにはすでにその女性の卵巣の中にある卵子(原始卵胞)の数は決定されているということです。
とはいっても,その数は生まれた時で約200万個位と考えられています。
女性が生涯で排卵する総卵子数はざっと400から500個ですから、実際に排卵される数を大きく上回るわけです。
予備は山ほどあるということですね。
で、皆さんが思春期を迎えたころには、この「卵子貯金」は、ざっと10-30万個になっているそうです。

で、ここから、毎月切り崩して使っていくわけですね。
毎月の排卵が一個だからと言って、切り崩すのも一個というわけではないですよ。
たくさんの卵子を切り崩して一気に発育させる(1000個位らしいです)。
そのなかで、生存競争をさせる。
弱肉強食の世界(実際食べちゃうわけではないですが)。
そして、最後に勝ち残った一個が、今月排卵の一個になっている。
(但し、この排卵する一個が最も性能がいいのかどうかは?です。「いい」と言っている人もいますが、今のところ証明はされていないと思います。)

切り崩されなかった「卵巣内に残された原始卵胞(「卵子貯金」)が残りますね。
で、
今日、私の卵巣の中に、「卵子貯金」残り何個あるんだろう?
これが、普通使われている意味での卵巣予備能です。

では、皆さんは、ご自身の今日の「卵巣予備能」(=すなわち、卵巣内に残っている卵子数(正確には卵胞数))わかりますか?
何個ですか?

普通はわかりませんよね。
Changらの論文1)にはこんな風に書いてあります。
Ovarian reserve would involve the counting of all follicles present in both ovaries, as is done in postmortem studies.
postmortemは「死後の」という意味です。
すなわち、正確な卵巣予備能は、死んだあと、解剖して初めてわかるものだというわけです。
つまり、正確な卵巣予備能は、今日でもまだわからないんですね。
(先に答えを言ってしまうと、抗ミューラー管ホルモン(AMH)も正確な卵巣予備能(=総卵胞数)を測っているわけではありません。)

1) Chang HJ et al.:Impact of laparoscopic cystectomy on ovarian reserve: serial changes of serum anti-Müllerian hormone levels. Fertil Steril 2010; 94: 343-349.
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター