Entries

無月経、やります!(7)

で、ラスト行きたいと思います。

無月経の原因:⑥PCO
  • 高アンドロゲン血症を認める場合、もっとも頻度が高いのはPCO。その他腎機能低下、副腎過形成、クッシング症候群などでも起こりうる。
  • PCOは破綻出血、稀発月経、無月経など様々な月経周期異常を呈する。
  • 北アメリカでは、その75%がobese PCOである。
  • 稀発月経になるのが76%、無月経を呈するのが24%。
  • 1990年のNIH/NICHHDのPCOの診断基準は、コンセンサスが得られてはいないが、(1)排卵障害(2)男化兆候(3)他の病態が否定されたもの、であった。
  • 2003年に、国際的なコンセンサス会議が開かれ、その結果(1)稀発月経または無月経(2)臨床症状または生化学的に高アンドロゲン状態を認める(3)超音波で多嚢胞卵巣である、のうち2個以上を満たすものとなった。
  • ただし、月経周期が順調な女性の1/5は、超音波で多嚢胞卵巣を認める。
  • また、会議の参加者の多くが、PCOの高アンドロゲンの女性でも、月経周期が順調な場合があることを指摘している。
  • つまり、今のところ内分泌学的にPCOを定義する事はいまだにできてはいない。

といった内容ですね。
PCOについては、そんなわけでまだ全然わかっていなくって、どの状態をPCOというべきなのか?のコンセンサスすらまだ得られていないということですね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dokumotti.blog.fc2.com/tb.php/47-ce79f093

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター