Entries

エヴァ名ゼリフ(2)

少し前の話ですが、プロ野球の野村克也監督がおっしゃった言葉。

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

調べてみると、元は江戸時代の剣術の達人の方の言葉だそうです。

うまく行ったことは、必ずしも実力があったとは限らない。
何かうまくいかない事がある場合には、必ずその原因がある。
(驕らず)謙虚にふりかえる。


「そんなにイヤだったらもう逃げ出してもいいのよ」(←「まごころを、君に」より)
「逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ…」(←これは超有名ですね。「使徒、襲来」より)
「でも僕はもう一度会いたいと思った。その時の気持ちは、本当だと思うから」 (←「まごころを、君に」より。補完の拒絶ですね)

・・・庵野監督も苦しかったんだろうね・・・。

でも、最後は

「おめでとう」(←「世界の中心でアイを叫んだもの」より)
なのか?
「気持ち悪い」(←「まごころを、君に」より)
なのか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター