Entries

「気持ち」

先日、職場のカンファレンスでカルチ屋(婦人科腫瘍専門)のDrが「気持ち」を伝えたい、という意図なのだろう、1984年に発刊された藤原敏郎先生の「子宮頸癌手術」という本の1ページ目をコピーして配って回っていた。

そのページにはこんなことが書いてあった。

「子宮癌の手術には妥協は許されない。この程度で良かろうという気持ちで手術をするのなら最初からこの手術に手を出さないでほしい。これでもかこれでもかという根気の持ち主にのみ行ってほしい。」

なるほど。いかにも「熱血」で「昭和」っぽい言葉だが一理ある。
しかも何も「子宮癌の手術」に限ったことではない。

不妊治療には妥協は許されない。この程度で良かろうという気持ちで不妊治療に携わるのなら最初から不妊治療に手を出さないでほしい。これでもかこれでもかという根気の持ち主にのみ行ってほしい。」

ね。いい言葉になった。
僕もこれでもかこれでもかという根気で、「熱血」で「昭和」っぽくやっていきたいなぁ。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dokumotti.blog.fc2.com/tb.php/50-a5b86165

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター