Entries

「多摩周産期研究会」に参加してきました

昨日、「第4回多摩周産期研究会」が開催されたので、参加してきました。
演者は、「胎児診療」で非常に有名な「FMC東京クリニック」の中村院長で、
「NTが厚い。さあどうする?」
という演題名でした。

いわゆる「出生前診断(検査)」の、現在の最先端の状況について、非常にわかりやすく解説していただきました。
  • 「NTがちょっと厚くてもアワテナイ」
  • 冷静に、その子の「個性」として見てあげると、自ずと次にやるべきことが見えてくる。
その分野の先頭を走っている先生のお話しを伺えると、非常に刺激を受けます!
非常に気さくな先生で、写真をおねだりしておきました。



同懇親会の席で、国分寺の「みずほ女性クリニック」の津田先生ともお話しをさせていただきました。
津田先生は現在、国分寺周辺地域の不妊症診療の確立に思いを巡らせていらっしゃるとのことで、
「ぜひ連携してやっていきましょう!」
とお声かけいただきました。
「いや、まだ、ひよっこで非常に微力ですが・・・・・、よろしくお願いします。」
とお答えしておきました。

みんなエネルギッシュだなぁ。

自身の社会的存在意義は何か?
常に問いながら前進していかねばなりません。
「これからやるべきこと、やらねばいけないこと」がたくさん見えてきた気がしました。
(今でも既にアップアップしてなくもないわけですが・・・(汗)。)

オシ。とりあえず今日を。
気合い入れていくぞ!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター