Entries

4800年間の母性

水曜の熱血診療の後(お待たせする時間が長くなって申し訳ございません)、そのまま日赤に当直に行き、夜は夜で分娩に立ち会って、
「妊娠反応陽性に出た瞬間もいいけど、お産もいいねぇ」
と、改めて思うわけです。
産婦人科医の醍醐味でございますな。
で、日が改まって日赤の婦人科外来を行い、午後は子宮鏡検査1件目→検査の合間(子宮鏡の洗浄滅菌の間)にクリニック戻り、何人かの患者様の診療→日赤戻って子宮鏡2件目
で、ようやく今、2日続きの診療から解放されました。
研修医時代バリにアドレナリン全開で働きまくっております。

我ながら、この原動力の源は何なんだろ?

Yahooのニュースに非常に感動的な記事が載っていましたので、ご紹介してみたいと思います。


台湾で4800年前の母親の化石発見、腕に嬰児抱く

[台北 26日 ロイター] - 台湾の台中市で、4800年前のものとみられる、嬰児を抱いた母親の化石が見つかった。博物館当局者らが26日、明らかにした。
子ども5人を含む48体の人骨が発掘され、これまでに台湾中部で見つかった人類の活動痕跡としては最古となった。
自然科学博物館の職員は「この化石を発掘した際、母親が自分の腕の中の子供を見下ろしていたため、考古学者も発掘スタッフも、全員が衝撃を受けた」と述べた。




日本の歴史でいえば、縄文時代中期ごろにの人類の化石だそうです。
4800年前のお母さんが、我が子をその腕に抱き、視線を送っているではないですか!!
その瞳はどうですかね?
暖かいような?包み込むような?
何とも神々しい表情じゃないですか。
この美しさと言ったら!どんな芸術作品にも越えられそうにありません。


これだよ。
このシーンの為なら、いわもと、頑張れる気がします。







【以下告知】

★体外受精説明会(ARTコーディネート)★
・体外受精・顕微授精をお考えの方への説明会です。
【5月開催分】
日時:2016年5月21日(土)18:30~20:00
場所:武蔵野プレイス 3階「スペースC」
(予備日(上記日程でご都合が付かない場合):5/29(日)10:30~クリニック内で予定しています)
予約:クリニック受付までお問い合わせください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター