Entries

月月火水木金金

本日(日曜日)、予約外来をやっている最中にこんなことを聞かれました。

「先生は休まないんですか?そのモチベーションを保っているものは何なんですか?」

・・・いや、それなりに休んでいるつもりですが。
暖かいお言葉、ありがとうございます。

えっと、「このモチベーションを保っているもの」は、そうすることが、「僕がここにいてもいい理由(=生存していてもいい理由)、僕を支えているすべて」だからです。

わけわかんないっすよね。
えっと、その昔、解説したことがあります。

「公僕になる」とか「患者さんの幸せのために」とか偽善的な(?)言葉を使いつつ、実は自分の存在意義を確認させてもらっているわけでして、所詮は自己満足なわけです。
患者さんに頼ってもらうことが、唯一「僕が地球上に生存していていい理由」だと考えているわけです。


「優しくしてくれる?他の人は」
「うん」
「どうして」
「それは・・・僕が医者だから」
「僕が医者をしているから大事にしてくれる。それが僕がここにいてもいい理由なんだ。僕を支えているすべてなんだ。」
(中略)
「勝たなきゃいけない。そう、負けちゃいけないんだ。みんなの言う通りに治療に当たって、みんなの言う通りに、勝たなきゃいけないんだ!そうじゃないと、誰も・・・、誰も・・・、誰も・・・」

職業というのは、皆多かれ少なかれこうした側面を持っているわけで、誰かに望まれているからこそモチベーションが保てているわけですよね。
そんなわけで、今の所「月月火水木金金」でいいんじゃないですかね?
自己陶酔ですから。





【以下告知】

★体外受精説明会(ARTコーディネート)★
・体外受精・顕微授精をお考えの方への説明会です。
【6月開催分】
日時:2016年6月11日(土)18:30~20:00
場所:武蔵野プレイス 3階「スペースC」
(予備日(上記日程でご都合が付かない場合):6/26(日)10:30~クリニック内で予定しています)
予約:クリニック受付までお問い合わせください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター