Entries

気が付けば今年も折り返し地点なわけで。

怒涛の「水曜診療」の後、日赤の当直に向かい、お産に立ち会いまくり、朝、クリニックに一瞬戻り予約診療をし、また日赤に戻り外来→検査

眠い!
でもまだ、ほぼ徹夜でも働けるなぁ。
(研修医の頃は徹夜当直の後、日勤やってその後呑みに行ってましたが(笑)。元気だった!)

今時は、医者(特に研修医)は、典型的な「ブラック」と呼ばれるそうですが。
僕なんかはどっちかというと「そんなの当然じゃ」という発想なので、もうすっかり古い人間の部類なのでしょう。
(「死ぬときは診察室で」位の意気込みでございます。)

そうそう。ふとカレンダーに目をやると、2016年も早くも折り返し地点に差し掛かっております。
まさに「光陰矢の如し」。
恐ろしや。

今年前半、「体外受精説明会」を定期開催できるようになりました。
「体外受精ってどんなもの?」
という方々の意思決定に一役買えている、と信じたい!

後半には「一般不妊治療説明会」「年齢因子セミナ-(仮称)」を定期開催できるようにしたいなぁ、と思いを巡らせております。(需要があるかどうか?が疑問ですが(笑))


「明日やろう」「明日やろう」と仕事を延期してしまうと、なかなか仕事が進まない。
やっぱ、「今日だけ頑張る」に意識を変えないと。


「カイジ」という漫画に以下のようなセリフがあります。

『明日からがんばろう』という発想からはどんな芽も吹きはしない…!
そのことに、20歳を超えてもまだわからんのか…!?
明日からがんばるんじゃない…今日…今日だけがんばるんだっ…!
今日をがんばり始めた者にのみ…明日が来るんだよ…!


アラフィフになって、わかってはいますが、なかなか難しいわけで、ねぇ。

おっしゃ。眠いけどもうひと踏ん張り!
仕事すっぞ!




【以下告知】

★体外受精説明会(ARTコーディネート)★
・体外受精・顕微授精をお考えの方への説明会です。
【7月開催分】
日時:2016年7月23日(土)18:30~20:00
場所:武蔵野プレイス 3階「スペースC」
(予備日(上記日程でご都合が付かない場合):7/10(日)10:30~クリニック内で予定しています)
予約:クリニック受付までお問い合わせください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター