Entries

多摩地区の産婦人科医療を豊かにすべく

僕の前職は(ご存知の如く?)、武蔵野日赤産婦人科です。
クリニックで拝見している方で、手術が必要そうな方や、あるいは不妊治療の結果、ご妊娠成立なさった方に
「手術(分娩)はどこがいいですか?」
と聞かれることがあります。

「やっぱ、日赤でしょ。」

僕は、現在も週1で日赤で当直+外来を行っているわけですが、ま、そんな連携関係で「地域医療をより豊かにする一翼を担わせていただきたい」と考えているわけであります。

僕が困ったときにも
「いわもとの頼みじゃ、断れねーな。」
と言ってもらえる、そういう関係であってほしい、と思っているわけです。

(だって、「妊娠しました。はい、サヨナラ。」では、何か、味気ないじゃないですか。『医療』ってのは何か、もっと温かみ?人情?仁義?にあふれたものであってほしい(ありたい!)わけです。)


日赤産婦人科医局で「会」があると、今でもお声をかけていただけます。
有り難い限りです。
昨日も、『某M女医先生』の壮行会にお誘いいただき、診療後参加してきました。


まずは、そんなわけで、僕の「ボス」でもある、梅澤部長と。
梅澤先生は、いわゆる「腫瘍屋さん」で、僕が産婦人科医として出会ったDrの中で、最も手術が上手な先生です。
多摩地区の産婦人科医療を豊かにし、
『多摩で一番になる』
『多摩で一番は東京で一番、東京で一番は日本で一番』
が口癖です。



主役の『某M女医先生』はで泣きつかれた先生でもあります!
彼女の論文も(優秀なゴーストライター(?)のお蔭で???)、きちんと(?)掲載され、今では立派な「専門医」でございます。




ま、こんな感じで「良い連携関係」を保ちつつ、地域医療をより豊かにする一翼を担わせていただきたい、と思っているわけです。


さ、よく遊んだ後は、その100倍よく働く!
そんなの常識!
世の中そんなに甘くない!
アドレナリン全開で熱血土曜診療開始!
今日もやるぞ!
スポンサーサイト

コメント

[C254] Re: 日赤で出産しました

文面からどなただかわかりますよ。
お疲れ様でした。
日赤のDrも、そして微力ながら僕も、質の高い産婦人科医療を提供すべく研鑽の日々です。
地域の皆様に頼っていただけるのが、医者にとっては何よりの褒美です。

3人目もお待ち申し上げております(笑)。
  • 2016-07-06 21:16
  • ドクターI
  • URL
  • 編集

[C253] 日赤で出産しました

先週、無事に日赤で出産しました!
2人目不妊で先生にお世話になり、ハイリスク妊娠で日赤につないでいただきました。
手術は想像以上に大掛かりでしたが、日赤だからこそ多くの科の先生に立ち会っていただくことができ、無事に終わりホッとしています。
執刀の先生はもちろん、岩本先生のおかげで無事に赤ちゃんと帰宅できたこと、主人共々感謝しております。
この場を借りてお礼を申し上げたく…本当にありがとうございました!!
  • 2016-07-06 16:27
  • M
  • URL
  • 編集

[C252] Re: はじける笑顔ですね!

いわゆる「飲みニケーション」というやつですね。
視線を同じくする同志と夢や方向性を語り、時には(いつも?)くだらない話をするわけです。
これが円滑な仕事関係の一助になっているのは、どこの世界も同じですよね。

所で順調ですか?
(まだ大分先ですが)出産報告お待ち申し上げております。
  • 2016-07-03 21:34
  • ドクターI
  • URL
  • 編集

[C251] はじける笑顔ですね!

先生の笑顔を見て、やはり先生の魅力は明るさだと改めて思いました。
以前ブログにあった「生殖は恋愛のドキドキの延長なんだから本来楽しいものなんだよ!」という言葉をいつも思い返しています。
診察の日は、夫が「今日の先生はどうだった?」といつも聞きます。「なんだか今日はテンション低かったよ」なんて答えると「心配だなぁ、疲れてるんじゃない?何か差し入れでもしたら?」なんて言っています。
夫婦で先生のファンです(笑)
無理しすぎないようにしてくださいね!
(まとまりなくてすみません。何か感謝を表したくてコメントしました。)

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター