Entries

レトロゾール周期の子宮内膜はイケているのか?(4)

では、この話題、とりあえずラスト。
ちょっと難解だと思われるので、噛み砕いて解説!

復習すると、黄体期(内膜的には分泌期)になって初めて「着床可能な内膜」に変化するわけですが、これを「着床の窓が開く」と表現して、よく「インプランテーション・ウインドウ」などと表現されるわけです。
で、分子生物学的には、黄体期(分泌期)には、子宮内膜に「インテグリン」と呼ばれる物質が発現してきて、着床しやすくなるんじゃないか?というわけでした。

で、この「インテグリン」が「出てきやすい人」(=着床しやすい人)と「出てきにくい人」(=着床しにくい人)がいるのだろう、というわけです。
「出てきやすい人」はそのまま着床する。
「出てきにくい人」は着床障害になる。
というわけです。


で、この「インテグリン」が出てきにくい人に、排卵誘発するときに同時にレトロゾール飲ませてみた、というのが最後に紹介する論文です。

  • Endometrial receptivity defects during IVF cycles with and without letrozole.


    • です。
      あらかじめ、子宮内膜を採取し、免疫染色でインテグリンが出やすい(インテグリン(+))か出にくい(インテグリン(-))かを振り分けておく。
      で、各々、Long法で排卵誘発をかける。
      で、
      • インテグリン(+)の人(下の図の「standard IVF normal」) 50人
      • インテグリン(-)で、そのまま何もせず誘発した人(下の図の「standard IVF combinedのtypeⅠ+Ⅱdefect」) 全29人
      • インテグリン(-)で、同時にレトロゾールを飲んでもらった人(下の図の「letrozole IVF combinedのtypeⅠ+Ⅱdefect」) 全18人

      で、体外受精の成績を比べっこしています。



      成績はどうですかね?
      (図が小さいですね。新しいタブなりウインドウで開いてみてください。図を右クリックです)

      インテグリン(+)群 v.s. インテグリン(-)で何もしない群(つまり、「standard IVF normal」 v.s. 「standard IVF combinedのtypeⅠ+Ⅱdefect」)
      • 臨床的妊娠率で40% v.s. 13.7%
      • 着床率で22.4% v.s. 8%
      • 妊娠継続または出生率で38% v.s. 7%


      インテグリン(-)で何もしない群 v.s. インテグリン(-)でレトロゾール追加群(つまり、「standard IVF combinedのtypeⅠ+Ⅱdefect」 v.s. 「letrozole IVF combinedのtypeⅠ+Ⅱdefect」)で、
      • 臨床的妊娠率で14% v.s. 61%
      • 着床率で8% v.s. 28%
      • 妊娠継続または出生率で7% v.s. 50%

      ですね。

      で、この「妊娠継続または出生率」をグラフにしたのがこちら。



      おお!すげい!!
      「インテグリン(-)群」が、レトロゾールを加えるだけであら不思議!「インテグリン(+)群」を凌ぐほどの妊娠継続率になっているではありませんか!!


      で、この先生たちの考察では、着床障害を起こすような病態(内膜症や卵管留水腫)では、子宮内膜のaromatase活性↑インテグリン↓になっている、と。
      で、レトロゾールでアロマターゼ阻害をすると、これが補正されてインテグリン↑→着床率↑につながっているのではないか?、というわけです。


      高刺激で排卵誘発しているときによく言われるのに
      「排卵誘発で高エストロゲン状態にさらされた子宮内膜はイケてない」
      というのがあります。
      「なので、全胚凍結して、新鮮周期は捨てるのだ」
      と。

      なるほど、一理あるのかもしれませんが、

      「高いと不平を言うよりも、すすんでエストロゲンを下げましょう」

      というわけです。

      なるほどねぇ。
      ・・・・これを応用しない手はないな・・・・。
      あれをこうして、あれもこうすれば・・・・ブツブツブツブツ。

      おし!いい勉強になった!
      名案(迷案?)が湧いてきたぞ!
      ・・・・ブツブツブツブツ。
      スポンサーサイト

コメント

[C262] Re: タイトルなし

そうですね。
最後の内容が難しかったですよね。
ブログに載せる内容かどうか、ちょっと考えたんですが。
  • 2016-08-19 08:36
  • ドクターI
  • URL
  • 編集

[C261]

最後の最後でよくわかんなくなっちゃいました。

先生の誘発大作戦楽しみです!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター