Entries

今年のインフルエンザワクチンについて

インフルエンザワクチンにはチメロサールと呼ばれる有機水銀の防腐剤が微量ながら含有されていて、産婦人科診療ガイドライン産科編2014には、以下のごとく記載されております。

チメロサールを含んでいる製剤もその濃度は0.004~0.008mg/mlと極少量であり、胎児への影響はないとされている。
懸念されていた自閉症との関連は最近否定された。
したがって、エチル水銀(チメロサール)含有ワクチンを妊婦に投与しても差し支えない。
利用できる状況にあり、かつ妊婦が希望する場合にはチメロサールを含有していない製剤を接種するが、利用できない状況下(チメロサールを含有していない製剤入手まで時間がかかる)であり、かつ周囲でインフルエンザの流行がある場合にはエチル水銀(チメロサール)含有ワクチン接種を躊躇しない。


この辺は去年解説しましたのでご参照ください。

ということで、当院も昨年はご希望の方に「チメロサール・フリー」のワクチン接種を行いました。

ところが今年は、チメロサール・フリー製剤が国内では製造されないそうです。

で、日本産科婦人科学会は早速声明を出しています。
ということで、今年は「チメロサール・有りー」製剤を接種せよ、とのお達しです。

産婦人科以外では、「妊婦」「妊娠の可能性がある」というと、及び腰になられてしまう、という話をよく聞きます。
が、そんなわけで、今年は「アリー製剤」の接種だそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター