Entries

無精子症と言われたら・・・(2)

というわけで僕の持論としては、生殖医療に携わらせていただく以上、無精子症の患者様の診療に当たった際には、最低限その場で(間髪入れずに)その後の診療の流れを説明する必要がある(不安の中で過ごす時間を作らないようにしてあげる必要がある)、と思っているわけです。
「検査の結果無精子でした。」
で終わってしまうのは絶対にまずい
と思っているわけです。


無精子症とは「射出精液中に精子が存在しない」現象をひっくるめて言うわけです。
この場合、まずはそうなっている「理由」を考えて、大きく2つの原因のどちらに当てはまるのか?を見極めていきます。

①閉塞性無精子症(Obstructive Azoospermia;OA)
精巣内で精子は作られているものの、精子を出してくる道筋のどこかが詰まってしまって出てこれなくなっている状態です。
「詰まっている」=「閉塞している」でこの名前が付いています。

②非閉塞性無精子症(Non-Obstructive Azoospermia;NOA)
字のごとく解釈すると「精子を出してくる道筋が詰まっていない無精子症」となりますね。
「原因が通り道の閉塞ではない」ということです。
精巣内で精子を造る力が「低下している」または「無い」ために無精子症になってしまっている状態をいいます。


これらの状態、仮に女性で例えると
①閉塞性無精子症=両側卵管閉塞
②非閉塞性無精子症=卵巣予備能低下~早発卵巣機能不全(早発閉経)

に似ている、と言えるかもしれません。

こんな感じで、「閉塞性」と「非閉塞性」は全く別病態ですが、「射出精液中に精子が存在しない」という同じ現象になるわけです。

そんなわけで、
精液検査で無精子症 → 先ず、「閉塞性(OA)」か「非閉塞性(NOA)」かの見極め
をすることになります。
見極め法は基本的には「触診+超音波」「ホルモン採血」です。

「完璧に」ではないのですが、「大雑把に」は、慣れてさえいれば「触った瞬間」に予想が付きます。
(睾丸は「触り慣れる」と、本当に「イメージ」が湧きます。「うわぁ、辛そうだな」とか「お、行けそうじゃん」とか。「頑張ってるんだねぇ」とか。睾丸と会話できるようになりますよ。~ま、普通の人はできなくていいわけですが・・・orz)

同様に「完璧に」ではないのですが、ホルモン採血でどちらなのかをジャッジしていきます。
(一部、「非閉塞性(NOA)」なのに、まるで「閉塞性(OA)」を思わせるような状態があって騙されることがあるので100%の鑑別ではないです。)

で、感覚的には、大体「閉塞性」の方が20%位で、「非閉塞性」の方が80%位です。

【続く】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター