Entries

第61回日本生殖医学会

さてそんなわけで本日より「第61回日本生殖医学会」が横浜・みなとみらいにて開催されております。
とにかくこの学会はもう、会場にいるだけでモチベーションが高まる、という学会で、毎年必ず参加をしております。



会場には先輩・同僚も沢山いらっしゃっております。
僕の師匠である木場公園クリニック 吉田先生ともお会いしました。
「せ~んせぇ、がんばってる~?」
「うちも、先生(僕のこと)がいた頃よりずっとパワーアップしてるからね!ワハハハハ!」
「PGSのセッションの座長やるから。聞きにおいでよ」
などなど、相変わらずパワフルで。(また、怒られそうで)

当時は「ひよっこ」だった元同僚たちも、今ではすっかり偉くなっており、各地でバリバリやっているようで。

さて、そんな学会で、もう一人、ご挨拶したかった先生とお話しができました。
順天堂大学の黒田先生です。
実は、少し前に黒田先生の講演を聞く機会があったのですが、いや、本当に「目から鱗が落ちた」位、考えを180°変えさせられた衝撃的で勉強になった内容だったのですね。
会場にいらっしゃいましたので、お礼を言いに行きました。
「そんなに言っていただけると、光栄です!」
とのこと。
着床障害に関するお話なのですが、この内容は近未来、このブログでもご紹介してみたいと思っています。

学会の内容も熱いね!
直近はやっぱ「年齢因子」に関する話題が多いですね。
PGS、ミトコンドリア、減数分裂時の染色体の不均等分配、未授精卵子凍結・・・・・。

いや、やっぱ日本、広いし、熱いね。
僕らも、もっともっとガンガンやらんといかんね!


そんなわけで、明日11/4(金)も、AMのみ休診とさせてください。
勉強してきます。
午後診は通常通り診療いたします(おそらく、学会に触発されて、テンション高くなっていると思われます)ので宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター