Entries

無月経、やります!(10)

本当に難しい話ばかりで御免なさい。
でもここまで食いついてきていただいていると、以下のことがご理解いただけていると思います。
  • 女性にはそもそも、月経が順調になる為のシステムが備わっているはずである。
  • 本来月経が順調になるためのシステムが『何か』を察知して、反応性に月経を不順にしたり無月経にしたりしている。
  • で、それは、何らかの『生体防御システム』が正常に働いた結果である
というわけです。
つまり、月経不順というのは、「調子が悪いから」不順になっているのではなく、「"調子が悪い事"に正常に反応して不順になっているわけです。
何かしらの異常をキスペプチンニューロンをはじめとした関与するシステムが察知している、そして、その危機的状態に対して「自分の体を守るため」に備わった生体防御反応としての現象、という状況であり、やはり、『体が発したSOS』になっていると思われるわけです。

なので、「月経不順」という状態は、世間一般で思われているよりずっと深刻にとらえるべきだと思うのですね。

で、その最たるもの、で、最も管理の難しいものが『痩せ』です。
『痩せ』による月経不順/無月経も、やはり、生体防御システムとして、キスペプチンニューロンをはじめとしたシステムが正常に反応した結果起こっている現象です。

引き続き『痩せ』による月経不順/無月経を解説してまいりたいと思います。
(明日以降でお許しを!)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dokumotti.blog.fc2.com/tb.php/63-7f184e42

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター