Entries

どんなもんでしたかね?

さて、そんなわけででご紹介させていただきました「新:情報提供法」いかがでしたかね?
おそらく、普通のお堅いクリニックでは「風景」とか「ムード」とか「雰囲気」とか、そんな感じでしょうが、ウチは違いますよ!
どうですか?あれ?
なかなかインパクトのある「情報提供」になっていませんか?

本当に「シャープな」AIHを行うには、あんな感じでなかなかハードルが高いわけです。
で、一方、「ユルユルな」AIHだと、精子入れてるんだか培養液だけ入れてるんだかわけわからないAIHになってしまい、そんな「ユルユルAIH」をやるぐらいだったら、タイミングの方がよっぽど妊娠率が高いわけです。
水天宮にお賽銭払った方がまだマシなわけです。

あの情報提供で
「とりあえずAIHというのをやってみたいんですけど・・・・」
「夫のは会社行く前の7時ぐらいのでいいですか?」

などという甘い気持ちを捨てていただき、

どうせやるなら気合の入った「キレッキレAIH」をやろう!

という意識になっていただければ。
そして、一組でも多くのご夫婦が「キレッキレAIH」でご妊娠に至っていただけたら、本企画も大成功だった、ということで。

もう一つの方は

「照れずに何でも言って下さいね。」

という雰囲気を作り出したい、と思って作ったものです。
こちらには、実はより大作の「ボツ作品」があるのですが、そちらは日の目を見ることはなさそうです。
(いつか別の形でご披露したいと思いますwww)

こんな雰囲気醸し出しているクリニックはなかなか無いと思われますが、ま、何事も、よそと同じようなことをやっていては面白くありませんから!
でも、「単なる小奇麗なスペース」より、「メッセージを投げかけているスペース」の方が良くないですか?
ねぇ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター