Entries

どうせならキレッキレなAIHをやりましょう!

さて、お次の仕事は「人工授精をキレッキレに」と考えております。
事実、「ユルユルな人工授精」やるくらいなら、そもそもならやらない方がよっぽどマシなわけです。
一方で、本当に「キレッキレなAIH」を行うにはかなり心して取り掛かっていただかなければならず、その覚悟を決めていただかなければなりません。
やっぱり、「精子が溶けている液体を形だけ子宮内に注入する」ではイケてないわけです。
「AIHはART(生殖補助医療)」ですから。

「ARTとしてのAIHをやりましょう!」



例の如く、啓蒙資料、鋭意作成中です。
しばしお時間を。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター