Entries

「男性不妊の人工授精」、実は有効性は・・・(1)

(今日たまたま先ほど患者様とやり取りがあった内容をアップしておきます。)

そんなわけで、原因不明不妊の(いわゆる)「ステップアップ」(←僕、この言葉嫌い)としての人工授精の有効性は証明されておらず、NICEのガイドラインでは「should not be offered」と記載されているのだ、と紹介させていただきました。
その中でNICEのガイドラインを紹介させていただきましたが、その中に「a low sperm count or poor‑quality sperm」も「intrauterine insemination should not be offered」なわけです。
つまり、男性不妊(=精液検査で濃度が薄いとか、運動率が悪いとか)も人工授精で妊娠率が上昇するとは証明されていない、というわけです。

「ご主人様の精液検査の結果、ちょっとこのパラメーターが基準値以下です」
「なので、人工授精をやってみましょう」
「人工授精は精子を濃縮し、受精の場である卵管に精子を近づけますので」


これがダメだというわけです。

そうなんですね。
男性因子の人工授精、現在のエビデンスでは実は有効性は証明されていないのです。
コクランの2016年分です。


【自然周期でのタイミングv.s.人工授精】
IUI versus TI (five RCTs)Two RCTs compared IUI with TI in natural cycles. ・・・(中略)・・・. We found no evidence of a difference in pregnancy rates (2 RCTs, 62 couples: odds ratio (OR) 4.57, 95% confidence interval (CI) 0.21 to 102, very low quality evidence; there were no events in one of the studies).

【排卵誘発周期でのタイミングv.s.人工授精】
Three RCTs compared IUI with TI both in cycles with OH. We found no evidence of a difference in live birth rates (1 RCT, 81 couples: OR 0.89, 95% CI 0.30 to 2.59; low quality evidence) or pregnancy rates (3 RCTs, 202 couples: OR 1.51, 95% CI 0.74 to 3.07; I(2) = 11%, very low quality evidence).

【排卵誘発周期での人工授精v.s.自然周期でのタイミング】
One RCT compared IUI in cycles with OH with TI in natural cycles. We found no evidence of a difference in live birth rates (1 RCT, 44 couples: OR 3.14, 95% CI 0.12 to 81.35; very low quality evidence).

【排卵誘発周期での人工授精v.s.自然周期での人工授精】
IUI in cycles with OH versus IUI in natural cycles (five RCTs)We found no evidence of a difference in live birth rates (3 RCTs, 346 couples: OR 1.34, 95% CI 0.77 to 2.33; I(2) = 0%, very low quality evidence) and pregnancy rates (4 RCTs, 399 couples: OR 1.68, 95% CI 1.00 to 2.82; I(2) = 0%, very low quality evidence).

【IVFv.s.人工授精(自然周期または排卵誘発周期】
IVF versus IUI in natural cycles or cycles with OH (two RCTs)We found no evidence of a difference in live birth rates between IVF versus IUI in natural cycles (1 RCT, 53 couples: OR 0.77, 95% CI 0.25 to 2.35; low quality evidence) or IVF versus IUI in cycles with OH (2 RCTs, 86 couples: OR 1.03, 95% CI 0.43 to 2.45; I(2) = 0%, very low quality evidence).


しかしながら、
どのエビデンスも質が極めて低い。
「自然周期-人工授精 v.s. 排卵誘発周期-タイミング」、「IVF v.s. タイミング」「ICSI v.s. タイミング」「ICSI v.s. 人工授精」「ICSI v.s. IVF」のデーターが無い。
とも記載されておりまする。

まあ、結論も
We found insufficient evidence to determine whether there was any difference in safety and effectiveness between different treatments for male subfertility.
とのこと。
「男性不妊は何すりゃいいのかわからん」
だって!

そんなわけで、NICEのガイドラインに則ると、日本での人工授精の適応は、ほぼ唯一「性機能障害」のみというわけです。

日々数多く行われている人工授精、実はほとんど「おまじないレベル」だとしたら・・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター