Entries

夏が「寒い」と思い出す

気が付けば8/30、夏休みも終わりです。
今年の8月は、(少なくとも東京は)あまり天候に恵まれ無かったようです。
ニュースでも「冷夏」という言葉までは今の所使われていない様ですが、夏が「寒い」と思い出す事があります。
「タイ米」です。
世代の近い方はご記憶にあるかと思われますが、いわゆる「平成米騒動」ですかね。

僕は当時、医学生でしたが、いわゆる「仕送り」をほとんどもらえず、塾講師+家庭教師のバイトで生活していました。
当然食うや食わずの生活だったので、「いかに食費を安くするか?」に必死でした。
鶏の胸肉+鯖ばかり食べてました(笑)。
そんな1993年、異常な冷夏で、とんでもない米不足になりました。

お若い方はご存知ないでしょうが、いや、これが凄かった。
どこのスーパーにも米が無い。
国産米なんて高嶺の花。
そんな状況で、政府は米の緊急輸入を行いました。
どこだったかな?
カリフォルニア米は高級だったね。
もっとも安かったのが「タイ米」。
あの細長いヤツ。

今ではちょっとオシャレな飲食店で出てきそうですが、当時はこれがとにかく口に合わない。
普通に炊いたのは、ちょっと・・・。
で、色々テレビで
「タイ米」をおいしく食べる方法!
なんてやってました。
片栗粉混ぜて、粘り気を出すと、まあまあ行けた記憶があります。

緊急事態で輸入したタイ米があまり受け入れられず、気分を害したタイの方々が日本製品をボイコットするなど、当時国際問題にもなりました。

凄かったなぁ。

そんなわけで、夏が「寒い」と「タイ米」を思い出すドクター『I』でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター