Entries

なぜ4CC胚盤胞が赤ちゃんになるのか?をドクター『I』流に考察してみる(4)

【今までのまとめ】

さて、そんなわけで、初期胚、例えば8分割の割球は8個ぜ~んぶの細胞の染色体が全て同じなのか?というと、ま、同じなのもあるようですが、7割ぐらいがそうではなく、いろんな染色体の状態の割球が入り乱れている、と考えられているようです。
正常な染色体を有する割球もあれば、一本足りない割球があったり、逆に一本多い割球があったり。
そんなのが入り乱れている。
これをモザイクというのでした。
そうなってしまう理由が以下のように考えられているようです。

精子と卵子が受精して受精卵ができる。
すると、新しくできた「赤ちゃんの染色体」が即働き始めるのか?というと、そうではないらしいのです。
ヒトの場合は4細胞~8細胞になるまでは「赤ちゃんの染色体の遺伝子」はまだ活性化しないのだそうです。
4細胞~8細胞になるまでは、卵子に残っていたお母さんのmRNAや蛋白質で何とか分割をするらしい
(そのお母さんから卵子に残してくれたmRNAや蛋白質は「Subcortical Maternal Complex(SCMC)」と呼ばれているらしい。)

この「お母さんから卵子に残してくれたmRNAや蛋白質(SCMC)」で分割しなきゃいけない期間は、どうにも分割が不安定になるんだそうな。
だから、正常受精して、かつ、受精した瞬間はちゃんと「46,XX」ないし「46,XY」で染色体が正常であっても、2分割→4分割→8分割の頃は分割が非常に不安定で、染色体異常の割球が沢山出来てしまうんだそうな。

そんな感じで、「お母さんから卵子に残してくれたmRNAや蛋白質(SCMC)」で何とか4分割~8分割まで行くと、そこでようやく、赤ちゃんの(胚の)新たな染色体上の遺伝子が活性化されてくるそうな。
(これを「embryonic genome activation(EGA)」と言うらしい。)

こうして赤ちゃんの(胚の)新たな染色体上の遺伝子が活性化されてくる(EGAが起こる)と、染色体が1本多かったり少なかったりすると、その染色体から転写されてくる遺伝情報の量に多すぎ/少なすぎといった不都合が起こってくる。

4細胞~8細胞になって、ようやくEGAが活性化すると
「・・・何じゃこりゃ?」
と、松田優作バリに、「自らがまずい状態にある」ことにようやく気が付くわけです。
(松田優作・・・知らないか・・・orz)

「こりゃまずい」
と、その割球は「何とかならないといけない」わけです。

(難しかったですかね・・・・わかりやすく解説したつもりですが。)

【続く】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター