Entries

なぜ4CC胚盤胞が赤ちゃんになるのか?をドクター『I』流に考察してみる(5)

【今までのまとめ】


図をお借りしてきました。からです。

受精卵から4細胞~8細胞期にかけては黒の三角、「Maternal transcript accumulation」つまり、「お母さんが残してくれたmRNAや蛋白質」で、なんとかなんとか「食いつないでいく」わけです。
で、8細胞位から、ようやっと緑の三角、「Embryo gene transcription」つまり、胚自身が独り立ちして、自前の遺伝子を活性化させてくるわけです。



つまり、day2とかday3の、いわゆる「初期胚移植」は「transfer proir to EGA」。



「お母さんが残してくれたmRNAや蛋白質」で、一部、染色体異常の割球も作りながらも、なんとかなんとか分割している最中に胚移植しているわけです。
で、(おそらくこの時点では)全部の割球が「染色体正常」である必要は無い(まあ、全部が全部「正常」であればもちろん理想なわけですが)。
そのうちの一部さえ「染色体正常」であってくれさえすれば、他の「染色体異常の割球」はこの後、生まれてきて困らないように何とか処理をするわけです。

一部さえ正常であってくれれば、異常な割球は「壊す」なり「分割を止める」なりするわけですから。
フラグメントが多少あろうが、割球に大小があろうが、この時点では全割球が正常である必要はないわけですから。
ね。
必ずしも8細胞グレード1である必要もなさそうですね。

一方で「8細胞グレード1」であっても、
辺りでやった通り、所詮その割球全てが「染色体正常」であることは稀で、多くは「染色体異常」の割球との「モザイク」なわけですから。

なるほど、「初期胚」のグレード(形態評価)と妊娠予後がリンクしないはずです。

【続く】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターI

Author:ドクターI
武蔵境生息、(自称)不妊屋「ドクターI」、自己流生殖医療を語ります。

カウンター